クリスマスを彩る観葉植物おすすめ10選!【直前買いもOK】

クリスマス 観葉植物

12月に入り、クリスマスも間近に迫ってきました。とは言え、「今年はお出かけやホームパーティは控えないと…」と、感じている方は少なくないはず。今回は、ご自宅でもクリスマスムードが味わえるおすすめの観葉植物を、10種類ご紹介します。

クリスマスにおすすめの観葉植物の選び方

クリスマスにおすすめの観葉植物の選び方

「クリスマスが近づいてくるとワクワクする!」という方も多いのではないでしょうか。

実際に、街がイルミネーションに包まれ、お店のBGMもクリスマスソングになるなど、この時期は全体がクリスマスカラーに染まりキラキラと輝いて見えますよね。

ですが、今年は例年と違いお出かけやホームパーティは自粛し、自宅でクリスマスを過ごすことを余儀なくされています。

このような状況下でも、“おうちクリスマス”をより楽しめるよう観葉植物でお部屋に彩りをプラスしてみるのも選択肢のひとつです。

クリスマスカラーを知ろう

クリスマスにぴったりの観葉植物を選ぶポイントとなるのがクリスマスカラー。この時期になると巷でも赤や緑といったクリスマスカラーがあちこちで見られます。

実はこのクリスマスカラー、色それぞれにしっかりと意味があるのはご存知でしょうか。こちらを意識するだけで、ご自宅がクリスマステイストに近づきますよ。

まずはクリスマスの定番、「赤」。

赤はキリスト教のシンボルカラーと言われており、「キリストの血」を表す色です。

「キリストの血」とだけ聞くと少し怖いと感じる方もいらっしゃるかと思いますが、ここで言う“血”とは、キリストがすべての人の罪をかぶり流した血を意味します。

つまり、「命がけの愛」というわけです。

そこから赤色は「愛と寛大さ」を意味するといわれています。サンタクロースの色でもおなじみですね。

続いてこちらも定番、「緑」。

クリスマスのシンボルであるもみの木やヒイラギは常緑樹と知られており枯れることがないとう点から、緑には「永遠の命」や「力強さ」、「希望」という意味が込められています。

その他のクリスマスカラーとして挙げられるのが「白」。

白はその色のイメージの通り、「純潔(清らかさ)」や「潔白」を意味します。降り積もった雪をイメージさせるような色ですね。

上記にあげたクリスマスカラーを意識し、おうちクリスマスを楽しんでみましょう。

クリスマスにピッタリの観葉植物10選

クリスマスにピッタリの観葉植物10選

それでは、実際にクリスマスにおすすめの、直前でも手に入る観葉植物をご紹介します。

ポインセチア

ポインセチア

クリスマスでおなじみの観葉植物のひとつがポインセチア。ポインセチアは葉の部分が赤と緑、樹液が白と、クリスマスカラーが3色そろった植物です。

それだけでなく、ポインセチアの花の形が星に似ていることや、花言葉からもクリスマスを象徴する植物だといわれています。

ポインセチアの花言葉は色によって異なり、赤が「祝福」「幸運を祈る」「聖夜」、白が「あなたの祝福を祈る」「慕われる人」、ピンク(プリンセチア)が「清純」を意味します。

贈り物にもぴったりですね。


楽天市場
Yahoo!ショッピング

ブルーアイス

ブルーアイス

ブルーアイスはヒノキ科・マツ科など、複数の科をまたいだ常緑性のある針葉樹であるコニファーの一種です。

そのなかでもこちらは丈夫で虫がつきにくく、ヒノキ科特有のフレッシュな香りが特徴です。また、銀白色や灰青色の美しい葉を持つことでも知られています。

クリスマスリースにも用いられる植物ですよ。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ゴールドクレスト

ゴールドクレスト

ゴールドクレストも、ブルーアイスと同様にコニファーの一種です。その名の通り、黄金色の枝葉が特徴で、クリスマスツリーとしても人気の植物です。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

クリスマスローズ

クリスマスローズ

クリスマスローズは、ニゲルという原種の別名です。ニゲルはキリストにまつわる神話に登場する植物として知られています。

その神話の内容が、”キリストの誕生した際、祝福に訪れた貧しい羊飼いの少女が、「なにか捧げものを」と探したものの、季節は寒い冬で一輪の花も見つけることができませんでした。

少女ががっかりし涙を流していると、その涙が種となりバラのように美しい純白のニゲルを咲かせた”というものです。

クリスマスローズがいかに神聖な植物とされているかがわかりますね。

「ローズ」という名前がついていますがバラ科ではなく、キンポウゲ科の植物となります。

それなのになぜ「ローズ」とつくかというと、花の形がバラに似ていることから「クリスマスに咲くバラ」という意味をこめて「クリスマスローズ」と呼ばれるようになりました。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

チェッカーベリー

チェッカーベリー

チェッカーベリーはツツジ科の常緑樹です。樹高が10~20cmほどと小さな樹木で、小さな赤い実をつけることが特徴です。

葉の美しいグリーンと、かわいい赤い実の色合いがまさにクリスマスにぴったりですね。

また、チェッカーベリーは常緑樹ではありますが、冬の寒さにあたると、緑色の葉が赤く色づくことも特徴のひとつとなります。

実が冬につくことから、クリスマスやお正月に飾られることが多い植物です。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

セイヨウヒイラギ

セイヨウヒイラギ

セイヨウヒイラギは、モチノキ科の常緑樹で、11月ごろに実が赤くなることから「クリスマスホーリー」と呼ばれています。

花言葉は「神を信じます」と、こちらも神聖な植物であることがわかりますね。

ギザギザとした濃い緑の葉と赤い実のコントラストが非常に美しい植物で、クリスマスリースにも使用されています。


楽天市場
Yahoo!ショッピング

アローカリア

アローカリア

アローカリアは、オーストラリアでクリスマスツリーとして使用されている、耐寒性が強い常緑植物です。

葉は青みがかったグリーンで美しく、一見固そうに見えますが柔らかくて手触りがよいことが特徴です。

現地では約60mまで成長する高木となりますが、日本では室内観賞用として楽しまれているのでご安心ください。

「豪風のクリスマスを演出してみたい!」という方におすすめです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ギンマルバユーカリ

ギンマルバユーカリ

ユーカリはオーストラリアなど、南半球を中心に自生する常緑高木です。コアラを思い浮かべる方も多いかと思います。

実は、ユーカリはその種類が1000種にものぼるといわれています。そのため種類によって葉の形も色もさまざまですが、観賞用として代表的なものが「ギンマルバユーカリ」。

こちらはは白銀色の美しい丸葉が魅力の品種です。クリスマスリースとして使用してもとても可愛らしいですよ。


楽天市場
Yahoo!ショッピング

シャコバサボテン

シャコバサボテン

シャコバサボテンは、クリスマスの頃に咲くので別名「クリスマス・カクタス」とも呼ばれるサボテンの一種です。

平たく、やや厚みがあり、緑の葉が幾重にも連なるようにして生えているのが特徴となります。

葉の先にはピンクをはじめとした、赤や白などさまざまな色の花を咲かせ、グリーンとのコントラストがとても美しいですよ。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

29822

エケベリア

エケベリア

エケベリアはそのバラのように美しい見た目から、多肉植物の中でも人気を誇る種類です。

また、寒さを好むわけではありませんが、耐寒性に優れた植物であるため、クリスマスシーズンにご自宅を彩るにはぴったりですね。

ひとつでももちろんかわいいですが、いくつか組み合わせていわゆる「多肉ツリー(多肉植物で作ったクリスマスツリー)」にするとかわいさも倍増します。

「少し個性的なツリーでクリスマスを楽しみたい!」という方におすすめです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

冬場の観葉植物の育て方について

魅力的な観葉植物をご紹介しましたが、注意したいのが冬場の観葉植物の育て方についてです。

冬の育て方で特に気をつけたいのが水やりと乾燥対策。

冬場に元気がなくなってしまう植物をみて、「水をあげないと!」と、ついつい多めに水をあげてしまうと、枯らしてしまう恐れがあります。

それでも「乾燥が気になる」という方は、霧吹きで葉に水を吹きかけてあげると適度に水分を与えることができ、乾燥対策につながります。

特にリビングなどの暖房の近くに植物を置く場合は、葉の水分が奪われ乾燥しやすくなってしまうため、風が直接当たらない場所に置くようにしてください。

細かい育て方については植物によって異なりますので、植物に合った育て方を調べてみてくださいね。

観葉植物で楽しいおうちクリスマスを!

観葉植物で楽しいおうちクリスマスを!

ご自宅でクリスマスカラーを楽しめる観葉植物、いかがでしたか。

クリスマス直前でも入手可能なものをご紹介していますので、お出かけを控える分、少しでもご自宅でワクワクしながらクリスマスを迎えられると嬉しいですね。

また、今回ご紹介した植物はクリスマスはもちろんそれ以降もご自宅に彩りをもたらしてくれます。

ぜひ、愛情を持って育ててあげてください。