水やりチェッカーおすすめ4選!選び方や使い方をご紹介

観葉植物に水をあげる女性

観葉植物を育てていて、「水やりのタイミングがわからない……」「水をあげすぎて枯れてしまった…」など水やりで困った経験がありませんか?そんなときにおすすめしたいのが水やりチェッカーです。この記事では、水やりチェッカーの特徴や選び方、おすすめ商品まで解説します。

水やりチェッカーってどんなアイテム?

水やりチェッカーは、文字通り水やりをチェックしてくれるアイテムです。まだたくさんの種類があるアイテムではないので、聞いたことがない方も多いかもしれません。まずは水やりチェッカーの特徴や使い方などをおさえていきましょう。

水分の状態を一目で確認できる

水やりチェッカーは、観葉植物を育てている土に挿すと、水分の量を色の変化で知らせてくれます

水が足りていない状態と水やりが必要な状態が一目でわかり、水やりのタイミングを教えてくれるのが便利なポイントです。

水やりチェッカーの使い方

水やりチェッカーの使い方はとても簡単で、鉢植えの土に挿すだけです。土に挿せば、土の中の水分を感知して教えてくれます。

商品によっては、土以外にも、ハイドロカルチャーや水苔などに挿して使うこともできますよ。

水やりチェッカーはAmazonやホームセンター・100均で購入できる

水やりチェッカーは、さまざまな場所で購入できます。身近なお店では、ホームセンターや園芸店、100均などで売っていることが多いです。

近くに売っているお店がない場合は、Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどの通販サイトを利用してみましょう。多くのショップで取り扱いがありますので、自宅にいながら水やりチェッカーを購入できます。

水やりチェッカーといえばSUSTEE(サスティー)!

水やりチェッカーで有名なのが、『SUSTEE(サスティー)』というアイテムです。『SUSTEE』には便利な特徴があり、水やりをきっと快適にしてくれるでしょう。『SUSTEE』の特徴を詳しく解説していきます。

SUSTEE(サスティー)とは

『SUSTEE(サスティー)』は、植物や土の種類に関わらず使用できる水やりチェッカーです。

「GOOD DESIGN AWARD 2015」などのデザイン賞を多数受賞しており、植物や鉢、インテリアなどに溶け込むデザインに仕上がっています

初めて観葉植物を育てる人からも評判が良く、枯れる原因になりがちな水やりの失敗を防いでくれますよ。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

pF値(有効水分域)を家庭用で世界初採用

『SUSTEE(サスティー)』は、pF値(有効水分域)という数値を家庭用に世界で初めて採用した商品です。「根が水を吸う力」を可視化する技術であり、農家や庭園などでも使われるクオリティになっています。

根腐れや水枯れの兆候が出る前のpF値2.0で色が変化するようになっており、水やりの失敗を防ぎやすいのが特徴です。

サイズ展開が豊富

『SUSTEE(サスティー)』は、S、M、Lのサイズ展開です。サイズごとの目安は以下のようになっています。

  • S(W10mm×D8mm×H120mm):2~3号鉢、直径6~9cm
  • M(W10mm×D8mm×H180mm):3.5~6号鉢、直径10.5~18cm
  • L(W10mm×D8mm×H255mm):6~12号鉢、直径18~36cm

鉢の大きさに合わせてサイズを選ぶことができます。交換用の中芯もサイズごとに用意されていますよ。

水やりチェッカーの選び方

いくつかの水やりチェッカーが販売されているので、自分に合った商品を選ぶことが大切です。選び方を3つご紹介しますので、育てている観葉植物や飾っているスペースに合った水やりチェッカーを選びましょう。

鉢に合ったサイズ

鉢のサイズによって、土の量が変わります。土が深くなるので、水やりチェッカーのサイズも合わせなくてはいけません。

『SUSTEE』のサイズ展開を参考にすると、失敗が少ないでしょう。使用している鉢の大きさを調べて、最適なサイズの水やりチェッカーを選んでみてください。

雰囲気に合ったデザイン

水やりチェッカーは鉢に挿して使うので、鉢や置き場所の雰囲気に合ったデザインのものがおすすめです。雰囲気に馴染むデザインのものだと、インテリアのひとつとして活用できます

目立ちすぎないカラーや形状に仕上がったものだと、違和感なく使えるでしょう。

リフィル(中芯)を交換しやすいか

商品によっては、リフィル(中芯)を交換できるものもあります。リフィルを購入すれば、買い替えせずに長く使えるのが嬉しいポイントです。

『SUSTEE』の場合は、約6~9ヶ月でリフィルを交換する必要があります。買い替えに比べるとコストがかからず、節約にも効果的です

他にもある!水やりチェッカーおすすめ3選!

ここでは、『SUSTEE』以外におすすめしたい水やりチェッカーをご紹介します。機能やデザインに注目して、気になる水やりチェッカーを探してみてください。

【ハイドロファーム】サースティーライト ミツバチ GAR-HYD-002

こちらの水やりチェッカーの特徴は、先がミツバチの形になった可愛らしいデザインです。デザインがキュートで、鉢を明るい雰囲気にしてくれます。

水分が足りなくなると、5段階のLEDで点滅する仕組みです。水をあげない時間が長くなると点滅が早くなり、水やりのタイミングをより強く知らせてくれます

Amazon
Yahoo!ショッピング

【Irfora】 ペン型土壌水分計 水やりチェッカー キノコの形

こちらは、キノコ型の水やりチェッカーです。水分の状態に応じて3種類の色のライトが点滅します。

緑色のライトは湿度が適切なとき、黄色のライトは土が乾燥しているとき、赤色のライトは水やりがすぐに必要なときに点滅するのが特徴です。

耐久性のある素材を使用しており、長く使うことができます。

Amazon

【VODORA】Icejoy 土壌水分計 水やりチェッカー

『VODORA』の水やりチェッカーは、鳥の形が印象的なデザインになっています。鳥が止まっているような見た目で、インテリアのひとつとしてもおしゃれです

水分が不足していると、笛の音で水やりのタイミングを知らせてくれます。

Amazon

水やりチェッカーで水分を適切に管理しよう

観葉植物

水やりチェッカーは、鉢の中の水分状態を色の変化などで知らせてくれるアイテムです。鉢植えの土に挿すだけで使えて、水やりの失敗を防いでくれます。

いくつかの商品がありますので、鉢のサイズやデザインなどをチェックして選びましょう。『SUSTEE』やおすすめ商品を確認して、ぜひ水やりチェッカーを活用してみてくださいね。