観葉植物のメンテナンス方法|プロに依頼する場合の価格相場と5つの専門業者をチェック

植木 メンテナンス

「水やり三年」という言葉もあるようにわれ、植物の水やりのコツをマスターするまでには3年はかかるといわれています。観葉植物がお好きな皆さんでも観葉植物を枯らしてしまい、ガッカリした経験あるという方もいるでしょう。この記事では、そんな方におすすめのセルフメンテナンス方法や、プロの力を借りたい人向けにメンテナンス業者について解説していきます。

庭のお手入れはプロに頼もう!

出典:剪定110番

『剪定110番』は、剪定のプロがあなたのお庭を素早くキレイにお手入れしてくれるサービス。年間受付数はなんと20万件以上。

わかりやすい価格設定になっているため安心して依頼できるのも嬉しいポイント。24時間365日受付対応のため、急ぎの方にもおすすめです。

リーズナブルにお庭のお手入れをしたい方は、『剪定110番』へまずは電話してみましょう。

観葉植物のメンテナンスとは?

植木

長年愛され続けている観葉植物は、園芸店、ホームセンターに並び、最近ではコンビニエンスストアでも手軽に購入できるようになりました。

しかし、そうは言っても初めて購入する際は「どんな手間がかかるのかな?」と不安に思ってしまうこともあるでしょう。

インテリアアイテムとして、自宅やオフィス、店舗などでも人気の観葉植物ですが、置いたら置きっぱなしというわけにはいきません。「観葉植物を置いてみたけれど枯らしてしまった」という経験をお持ちの方は、同じ過ちを繰り返したくはないですね。

ここからは、観葉植物を枯らさないコツと、メンテナンス業者へ依頼すべきタイミングを解説していきます。

観葉植物を枯らさないコツとメンテナンスのタイミング

観葉植物を枯らさないための基本となる日常的なお手入れを3つ説明します。

  • 水やり

観葉植物の水やりは「土の表面が乾いたら鉢底から流れ出るほどたっぷりと」が基本です。湿っている土は黒ずんで見えますが、乾いていると少し色が明るくなります。乾いているかわからないときには少し水を垂らし、土の色が黒ずむかどうか試してみましょう。

鉢カバーや受け皿を使用している場合は、溜まった水を捨てるのを忘れないようにしましょう。

  • 日当たりの確保

観葉植物は風通しの良い半日陰の環境を好みます。光合成をして成長していくので、日当たりが悪すぎても枯れてしまう原因になります。

白い壁、LEDや蛍光灯がずっと日中付いていて明るい環境でしたら、日光がなくてもギリギリ育てることができますが、基本的に窓がない部屋や、薄暗い空間には向いていません。

窓からどうしても遠い場所や、室内の照明をあてることしかできない場合は、耐陰性のある観葉植物を選ぶことをおすすめします。

また、陽当たりが必要とはいえど、観葉植物には直射日光は強すぎて、逆に弱らせてしまいます。スリガラスやレースカーテンなどで直射日光を防ぐことも必要です。

直射日光を避けできるだけ窓の近くで、レースカーテン越しほどの明るさの場所に置きましょう。

  • 室温の管理と換気

観葉植物が寒さを嫌う原因は、砂漠や熱帯地域など基本的に暖かい地域の植物であることが多いためです。しかし、熱気がこもった夏の暑さの環境に長時間放置すれば、根や葉が湯立ったような状態になり、枯らせてしまうことがあります。

湿気がこもる梅雨時は、病害虫が発生したり、カビが生えたりする恐れもあるので、十分気を付けましょう。

冬はできるだけ暖かくて明るい室内に置いて隙間風を防ぎ、夏は換気を適度にしながらやわらかい日差しのあたる場所で管理することがとても大切です。

セルフメンテナンスと業者メンテナンス

剪定

ここからは、「セルフメンテナンス」と「業者メンテナンス」それぞれのメリット、デメリットについて解説していきます。

セルフメンテナンスのメリットとデメリット

セルフメンテナンスのメリット

セルフメンテナンスであれば、わざわざ業者へ連絡せず、問題が起きた際に、その場で自分自身で対処、管理できるため、自分の好きなように観葉植物をメンテナンスすることができます

調べればすぐにわかるような簡単な処理であれば、業者を呼ぶまでもなく、自分でメンテナンスした方が気軽なことも多いです。

また、観葉植物が好きな方は、自分でいろいろ試行錯誤して対応するのも、楽しみのひとつでしょう。

セルフメンテナンスのデメリット

専門知識がないまま自己流でメンテナンスしてしまうと、誤って観葉植物を枯らしてしまう恐れがあります

観葉植物が大きくなりすぎたり形が崩れた場合や、剪定の際の専門的な道具が必要な場合、害虫駆除に関しては、セルフメンテナンスでは手に負えないことがあるため、時と場合によっては専門家の手が必要な場合もあるでしょう。

業者委託するメリットとデメリット

業者へ委託するメリット

メンテナンス業者は、観葉植物のプロフェッショナルです。観葉植物は季節や環境によって手入れも変わるので、プロの意見を聞けるのは業者へ委託する一番のメリットだと言えるでしょう

葉や枝の色が変色している、枯れかかっている、害虫がついている、なんとなく元気が無いなど、観葉植物の管理に悩んだら、自己流で対応する前に、一度、観葉植物のお手入れをしてくれる業者へ依頼するというのも一つの方法です。

業者にお願いすると、観葉植物の置き場所、水やりの頻度など、プロフェッショナルならではのアドバイスをもらえることとにより、その後の観葉植物の扱いがしやすくなるというメリットもあります。

セルフメンテナンスをするうえで、専門的な知識が必要だったり、どんな道具や薬剤を準備すればいいかわからないときは、業者へ委託するのが良いでしょう。

業者へ委託するデメリット

  • 予約や、見積もりに時間がかかる
  • 料金が発生する
  • 依頼してから自分の希望する日時に来てもらうことがなかなか難しい
  • たくさんの業者があり、選びきれない

などなど生活リズムや、オフィス、店舗の営業時間に左右されるため、自分のタイミングでメンテナンスできない可能性があることをデメリットだと感じる人もいるでしょう。

観葉植物メンテナンスのサービス内容と相場

植木

業者へ観葉植物のメンテナンスを依頼すると、植え替えや剪定はもちろん、葉のクリーニングや害虫駆除のための殺菌までお願いすることができます。

観葉植物のお手入れをしてくれる業者の見つけ方やサービス内容、相場などについて解説します。

こんなときは業者へ依頼

観葉植物のメンテナンス時期は1ヶ月~2ヶ月に1回程度です。どんなに大事に育てていてもメンテナンスを必要とするときがあります。

  • 葉が黄色くテカテカ光っている
  • 葉の表面がザラザラしていて、蜘蛛の巣のようなものがある
  • 葉が白い粉を吹いていて、黒い点状のものをつけている
  • どんどん葉先が枯れてくる
  • 大きく成長してしまって、天井につかえている
  • 病害虫、病気かもしれない

これらの症状が出てきた場合は、メンテナンス業者へ依頼してみるのも良いでしょう。自分で対処できないなと感じたときは、メンテナンス業者へ依頼するのをおすすめします。

メンテナンス料金の相場

5~6号の鉢植えは3,000円くらいが相場になります。複数の業者さんに料金を確認し、見積もりを出してもらいましょう。

植物の種類で料金は変わります。

本数が多い場合、見積り+値引きがある業者もあるので、事前に確認してみましょう。

また、出張料、大きさになどによる追加料金なについても、事前に細かく相談しておくことをおすすめします。

観葉植物のメンテナンスを依頼しよう!地域別おすすめ業者5社

植木

ここからは、メンテナンスを必要としたとき、急な依頼ができる地域密着の業者をご紹介します。

地域密着型であれば緊急でお願いしたいときに、すぐに駆けつけて来てくれるでしょう。あらかじめ対応本数、化学肥料をチェックしておくと良いですよ。

事前見積もりなど、柔軟な対応をしてくれる業者を探すと良いでしょう。店舗などでお客様の目に触れる場所で作業をお願いするときは、接客マナーに定評のある業者さんを探すことをおすすめします。

東京近郊メンテナンス業者

東京近郊のメンテナンス業者をご紹介します。

観葉植物のある暮らしを安心して過ごせるサポートを受けてみましょう。

観葉植物の植え替えサービス REN

【東京】REN出典:観葉植物の植え替えサービス REN

『REN』では、他店購入の観葉植物でも対応可能です。

    【対応可能なサービス】

  • 植物が枯れてしまった
  • 鉢が割れてしまった
  • 植物が育ちすぎて鉢が小さくなった
  • 他店で植物と鉢を購入した植え替え
  • 植物が育ちすぎて樹形が崩れた
  • 植物の剪定
  • 枯れてしまった植物を手放したい

金額に関しては、観葉植物の大きさ、鉢のサイズによって変わるので、見積もりの際にお問い合わせください。

以下の作業は無料なので、気軽に依頼してみましょう。

  • 枝の剪定
  • 葉の清掃
  • 病害対策
  • 害虫駆除
  • 健康診断
  • 管理指導

出張サービスも行っており、専任プランツケアマイスターが植物の困り事を直接解決してくれます。店舗への持ち込み、郵送にも対応しています。

株式会社ニワナショナル

【埼玉】ニワナショナル出典:株式会社ニワナショナル

『ニワナショナル』は、お手入れ、植え替え、設置、処分が良心価格です。

    【対応可能なサービス】

  • 剪定
  • 整形
  • 葉のメンテナンス
  • 施肥
  • 植え替え
  • 消毒、殺菌
  • 新しい観葉植物の設置
    【特殊作業】

  • 支柱設置
  • 誘引
  • 年間を通しての管理
  • 処分(土、鉢を含む)

主にこちらのメンテナンスをしてくれます。

”観葉植物のお手入れサービス”はお客様の声から始まっただけあり、「気軽さ」と「頼みやすさ」そして「良い雰囲気」がモットーのお庭の専門店です。

メールでのお問い合わせは24時間受け付けているのも安心ですね。

グリーンフォエバー

グリーンフォエバー出典:グリーンフォエバー

出張費用や見積もり料金など一切かからないのが『グリーンフォエバー』です。

”メンテナンスコースを設けており、毎回依頼をしなくていいのが魅力的ですね。

    【対応可能なサービス】

  • 通常メンテナンスコース(単発1回のみ)
  • 大小に関わらず合計5鉢以内 1回 11,000円(税込み)
    6鉢以上の場合 1鉢毎に2,200円(税込み)の追加

  • 定期メンテナンスコース(毎月2回)
  • 大小に関わらず合計10鉢以内 月額 11,000円(税込み)
    合計11鉢以上の場合 別途お見積り

こちらは観葉植物のレンタルも行っています。観葉植物を増やしたいと検討中の方にもおすすめですよ。

部屋の観葉植物
【横浜】植物の施工依頼ができるおすすめ業者3選!造園・緑化・レンタルグリーンサービスなど
【千葉】植物の施工依頼ができるおすすめ業者5選!造園・緑化・レンタルグリーンサービスなど

大阪近郊メンテナンス業者

出張園芸屋

出張園芸屋出典:出張園芸屋

「町を自転車で走っていたとき、住宅周りの植物がかなりの割合で汚いことに気付きました。家はキレイなので、植物や、鉢をキレイにすればもっと素敵な我が家になるのに…」

そんな思いをきっかけに『出張園芸屋』を立ち上げたそうです。

めんどうな作業である古い鉢から新しい鉢への交換、植え替え作業などはもちろん、観葉植物のことで心配に思うことを解決してくれる業者です。

    【対応可能なサービス】

  • 植木鉢の交換、植え替え代行
  • 植木倍の水やり代行
  • 植木鉢の預かりサービス

植木鉢のお預かりサービスは、旅行や長期不在時にとても便利なサービスですね。

出張エリアも広域で、大阪府全域、兵庫県、奈良県、京都府、和歌山県までもエリアに含まれているため、一度、自分が住んでいる地域が対応かどうか、確認してみることをおすすめします。

※兵庫県、奈良県、京都府、和歌山県別途出張料金あり

職人魂のこもった植木屋村上造園

村上造園出典:村上造園

こちらの『村上造園』はお庭のお手入れサービス業者です。

    【対応可能なサービス】

  • 植木剪定
  • 植木伐採
  • 植木植栽
  • 植木消毒
  • 草刈り
  • 芝刈り
  • 芝張り
  • 植木移植
  • 造園
  • 外構工事
  • 雑草対策
  • 庭掃除
  • 残材処分

オフィスエントランスのシンボルツリーや、庭に大きく育った植物のメンテナンスにぴったりなメンテナンス業者です。

チャットボットにて質問を受け付けているので、気軽に問い合わせることができます。

また、LINEからも無料見積もり、相談が可能で、庭の写真を送信するとすぐに見積もり金額を提示してくれますよ。

庭のことなら幅広く対応してくれるため、まずは気軽に相談してみましょう。キャンセル料金も一切かからないので安心です。

観葉植物

植物の管理から解放されてストレスフリーな日々を過ごそう

観葉植物

観葉植物のメンテナンスは必ず必要になるものです。適切なメンテナンスは、観葉植物を育てるうえで欠かせません。

観葉植物の管理に不安がある場合は、気軽にメンテナンス業者へ相談してみましょう。

枯れた植木

庭のお手入れはプロに頼もう!

出典:剪定110番

『剪定110番』は、剪定のプロがあなたのお庭を素早くキレイにお手入れしてくれるサービス。年間受付数はなんと20万件以上。

わかりやすい価格設定になっているため安心して依頼できるのも嬉しいポイント。24時間365日受付対応のため、急ぎの方にもおすすめです。

リーズナブルにお庭のお手入れをしたい方は、『剪定110番』へまずは電話してみましょう。