ワンストップリノベーションとは?メリット・デメリット・物件探しから施工までの流れ・おすすめの業者6選も

ワンストップリノベーションとは?メリット・デメリット・物件探しから施工までの流れ・おすすめの業者6選も

リノベーションを検討している方の中には、「ワンストップリノベーション」という言葉は知っているものの、「具体的にどのようなものなのかよくわからない」という方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、ワンストップリノベーションの概要と、メリット・デメリット、具体的な流れ、企業の選び方について解説します。最後におすすめの企業も紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

リノベーションの意味は?リフォームとの違いやメリット・デメリット・費用相場まで

ワンストップリノベーションとは?

ワンストップリノベーションとは?

通常リノベーションする際は、物件探しや設計・工事の打ち合わせ、住宅ローンの準備などについて、複数の会社とやりとりをしながら進めなければなりません。

そういった一連の業務をまとめてひとつの会社に依頼できるシステムが、ワンストップリノベーションです。

ワンストップリノベーションには、「オールワンストップサービス」と「パーシャルワンストップ」の2種類があります。

  • オールワンストップサービス
  • 自社に不動産部門があり、不動産とリノベーション両方の業務を行っている。

  • パーシャルワンストップ
  • リノベ専門業者だが、複数の不動産会社と連携しワンストップサービスに対応している。

このように中身に違いはありますが、いずれの場合も、ひとつの窓口で物件探しとリノベーションの両方を行うことが可能です。

中古マンションのリノベーション|費用相場や住宅ローン事情・メリット&デメリット
戸建て(一軒家)リノベーションのメリット&デメリット!費用やおしゃれ事例もピックアップ

ワンストップリノベーションのメリット

ワンストップリノベーションのメリット

ワンストップリノベーションのメリットは、大きく分けて次の4つです。

  • 窓口がひとつで手間が少ない
  • リノベーション費用のバランスを取りやすい
  • 希望の物件を探しやすい
  • 一体型ローンを利用しやすい

窓口がひとつで手間が少ない

リノベーションをする場合は、通常「物件探し」「リノベーショ」「住宅ローン」3つの工程を別々の窓口で並行して進めていかなければなりません。

その点、ワンストップリノベーションであれば、ひとつの窓口に全ての工程を任せられるので、手間が省けスムーズに進めることができます。

リノベーション費用のバランスを取りやすい

リノベーション会社にあらかじめ総予算を伝えておくことで、予算の範囲内で物件探しやリノベーションのプランを進めることができます。

リノベーション費用

希望の物件を探しやすい

ワンストップリノベーションの場合、リノベーション工事を見越して物件探しをするため、希望に沿った物件を探しやすいメリットがあります。

担当者もリノベーションに精通していることがほとんどなので、自分の希望を伝え相談しながら、安心して物件探しが行えるでしょう。

一体型ローンを利用しやすい

一本型ローンは住宅ローンと比較して、リフォームローンに比べて金利が低く、長期で借り入れられる、月々の返済額を抑えられるというメリットがあります。

しかし、一体型ローンに申し込む場合、金融機関による本審査の際に、リノベーション費用の見積もりも提出しなければならないため、物件探しと並行してリノベーションプランを検討しなければなりません。

しかしながら、ワンストップリノベーションであれば、物件探しから資金計画、設計・施工までワンストップで手掛けることができるため、一本化ローンに申し込みやすくなります

ワンストップリノベーションのデメリット

ワンストップリノベーションのデメリット

ワンストップリノベーションのデメリットは、大きく分けて次の3つです。

  • 途中で別の会社に変更しにくい
  • 結果的に割高になることも

途中で別の会社に変更しにくい

リノベーションを成功させるためには、担当者との相性が重要なポイントとなります。

なぜなら、物件探しからプランの作成、銀行との契約、工事完了までの工程において、数ヶ月から半年ほど、担当者との密なやりとりが発生するためです。担当者と合わないと、スムーズにリノベーションを進められないこともあるでしょう。

しかし、ワンストップリノベーションの場合、窓口がひとつになるため、万が一「担当者と合わない」と感じた場合も、担当者の変更を言い出しづらい可能性があります。

工程が進むほど、担当者の変更は難しくなりますので「合わない」と感じたら、早めにお願いするようにしましょう。

結果的に割高になることも

パーシャルワンストップの場合、窓口はひとつですが、物件を探したり設計や工事をするのは、提携している業者です。

各ワンストップリノベーション会社によって提携内容は異なるため、一概には言えないですが、パーシャルワンストップの場合、業者ごとに経費がかかってくるため、最終的に費用が高くなる傾向があります。

ワンストップリノベーションを利用する場合は、複数の会社に見積もりを出してもらい、料金や内容に納得できるところに依頼しましょう。

ワンストップリノベーションの流れ

ワンストップリノベーションの流れ

ワンストップリノベーションの大まかな流れは、以下の通りです。

  1. 会社の選定・問い合わせ・相談
  2. 中古マンション探し・内覧・購入申し込み
  3. 中古物件の契約
  4. リノベーション打ち合わせ・契約
  5. 中古物件決済・引渡し
  6. リノベーション工事着工・立会・引き渡し
  7. アフターサービス

会社の選定・問い合わせ・相談

まずは、ワンストップリノベーション会社を選ぶところからスタートします。気になる会社が見つかったら、電話やメールなどで問い合わせしましょう。

その後、ワンストップリノベーション会社を訪問し、希望する物件、リノベーション内容、予算などを担当者に伝えます。

そうすると、担当者がヒアリング内容を元にリノベーションプランや資金計画を提示してくれるので、内容を確認し納得できたら、ワンストップリノベーションの利用申込をすることになります。

中古マンション探し・内覧・購入申し込み

依頼者の要望に合わせた中古マンションの情報を、ワンストップリノベーション会社が提供してくれます。

その中から気になる物件があれば、内覧に行き、理想の住まいになりそうかどうか、しっかりチェックしましょう。理想の物件が見つかるまで何度も内覧を行い、購入したい物件が見つかったら、購入申し込みやローンの事前審査をします。

この段階でワンストップリノベーションの担当者が現地調査を実施し、リノベーション工事にかかる予算を計算するため、希望する間取りや内装・デザインなどの打ち合わせも進め、総予算を固めておいてください

物件を探す際に、リノベーションが施された中古物件を見ておくのもおすすめです。リノベーション済みの物件の完成品を確認しておくと、工事内容を決める際の参考になりますよ。

中古物件の契約

ローンの事前承認、全体的な予算を決定したら、物件購入の契約です。契約したら速やかに住宅ローンの正式な申込みをします。

リノベーション打ち合わせ・契約

マンションの売買契約が終わったら、担当者と設計やデザインなど工事内容について打ち合わせを行い、内容に納得ができたら工事請負契約を締結します。

中古物件決済・引渡

工事請負契約を締結したら、中古物件の決済を行います。契約から決済までは、だいたい1ヶ月から2ヶ月程度です。支払いが完了したら、物件の権利が購入者に移ります

リノベーション工事着工・立会・引き渡し

いよいよ工事着工です。工事が完了したら不具合がないか確認し、特に問題がなければ、物件の引き渡しが行われます。

アフターサービス

ワンストップリノベーション会社によって期間やサービス内容は異なりますが、工事保証や無料点検などを行うのが一般的です。

ほとんどのワンストップリノベーション会社の契約内容には、アフターサービスが含まれています。

ワンストップリノベーションを依頼する企業の選び方

ワンストップリノベーションを依頼する企業の選び方

ワンストップリノベーションを依頼する際は、次の3つのポイントを踏まえたうえで検討しましょう。

  • 各企業の事例や商品を比較する
  • パーシャルワンストップかオールワンストップか決める
  • 担当者さんの雰囲気や対応もしっかりチェック

各会社の事例やサービス内容を比較する

ワンストップリノベーション会社を選ぶときは、自分たちの希望と合ったサービスを提供してくれるところを選ぶことが大切です。

リノベーションを施した住居のイメージを掴むためには、各会社の事例やサービス内容を比較して決定するのがおすすめ。事例は、各ワンストップリノベーション会社のサイトに掲載されているので、チェックしておいてください。

事例やサービス内容を比較しつつ、気になる会社が見つかれば、資料請求や問い合わせをします。ショールームを用意している会社もありますので、足を運んでみても良いでしょう。

パーシャルワンストップかオールワンストップか決める

記事の中ですでにお伝えした通り、ワンストップリノベーションには「オールワンストップ」と「パーシャルワンストップ」の2種類があります。

パーシャルワンストップはワンストップリノベーション会社が代理店的な役割を持っており、窓口はひとつです。物件を探したり設計・施工などを行うのは各提携業者となるのが特徴です。

自社だけで不動産の仲介から設計・デザイン・施工まで行えるところは難しいため、多くのワンストップリノベーション会社がこの形態をとっています。

一方のオールワンストップは、物件探しや設計・施行をワンストップリノベーション会社が自社で全て行うのが特徴です。

自社で全ての工程を行うため、業者に支払う経費がかからず、パーシャルワンストップよりも料金が安い傾向があります。

ただし、対応できる数に限りがあったり、専門業者に依頼するパーシャルワンストップよりも専門性や多様性に欠ける場合も。

ワンストップリノベーション会社を選ぶ際は、「オールワンストップ」と「パーシャルワンストップ」両者のメリット・デメリットを知ったうえで費用やサービス内容に納得できるところを選びましょう

担当者の雰囲気や対応もしっかりチェック

ワンストップリノベーションでは、物件探しから引き渡しまで同じ人が担当することになるため、担当者との相性が重要になってきます。

コミュニケーションの取りづらい相手だと、イメージのすり合わせも難しく、スムーズに進まない可能性も。

逆に価値観が近く、円滑にコミュニケーションの取れる担当者であれば、意思の疎通が取りやすく満足いく結果に繋がりやすくなります

ワンストップリノベーションが叶う会社おすすめ6選

ワンストップリノベーションが叶う会社おすすめ6選

最後におすすめのワンストップリノベーション会社を、6つご紹介します。

リノベ不動産

リノベ不動産
出典:リノベ不動産

会社名株式会社 WAKUWAKU
所在地東京都目黒区三田2-4-4 YAMAZAKI BLDG
電話番号0120-409-094
営業時間10:00〜18:00
公式サイトhttps://renovefudosan.com/

『リノベ不動産』は、不動産会社とリノベーション会社を合体させた不動産・建築専門のリノベーション会社です。

家作りのために必要な窓口をひとつに集約したワンストップサービスに定評があり、2020年度の「中古仲介+リノベーション」ワンストップサービス市場では、シェアNo.1を獲得しています。

物件探しやリノベーション、ファイナンシャルのプロが在籍し、プロフェッショナルならではのきめ細やかで丁寧なサービスが受けられると好評です。

リノベる。

リノべる
出典:リノべる

会社名リノベる株式会社
所在地東京都港区南青山5丁目4‐35 たつむら青山ビル
電話番号03-5766-2590
営業時間9:30〜18:00
公式サイトhttps://renoveru.co.jp/

『リノベる。』は、さまざまな企業と提携しており、リノベーションのデザイン・施工はもちろんのこと、物件探しからサポートしてくれます。

『リノベる。』では、オーダーメイドで設計するリノベーション住宅をこれまでに4,500件以上も手がけているため実績も豊富

リフォーム産業新聞社刊の「マンションリフォーム売上ランキング2020」では、ワンストップサービスを手掛ける事業者としてNo.1を獲得しています。

ひかリノベ

ひかリノベ
出典:ひかリノベ

会社名株式会社ネクサス・アールハウジング
所在地千葉県市川市南大野1-14-2
電話番号0120-328-326
営業時間10:00~18:00
公式サイトhttps://hikarinobe.com/

『ひかリノベ』は、引き渡し後の保証まできっちりサポートしてくれるワンストップリノベーション会社です。

『ひかリノベ』の特徴は、建物を構造躯体だけ残した空っぽの状態にして、新たに部屋を作り直すスケルトンリノベーション専門ブランドというところ。

リノベーションする際は、現在の困りごとや将来の希望まで丁寧にヒアリングしたうえで、理想の住まいを実現できるように提案してくれます。

リノデュース

リノデュース
出典:リノデュース

会社名株式会社 テシオ
所在地東京都渋谷区渋谷2丁目2−6 青山ホワイトアドビービル 2F
電話番号0120-808-177
営業時間10:00〜19:00
公式サイトhttps://www.renoduce.com/

『リノデュース』は、施工会社からスタートしたワンストップリノベーション会社です。

物件購入からリノベーションまでをワンストップで担当しますが、不動産仲介手数料がかからない仕組みになっているため、比較的リーズナブルな価格で利用できます。

ワンストップリノベーション会社の多くは、設計や不動産が母体となっているところが多いですが、施工会社が母体であるリノデュースは、職人ならではの目利きができ、高品質かつ適正価格を実現しています。

ReBITA

ReBITA
出典:ReBITA

会社名株式会社リビタ [ReBITA inc.]
所在地東京都目黒区三田1-12-23 MT2ビル(受付1F)
電話番号0800-300-1296 (フリーコール)
営業時間10:00~18:00
公式サイトhttps://www.rebita.co.jp

『ReBITA』は不動産会社が母体の会社で、一棟丸ごとリノベーションやリノベーション済みマンション、戸建てリノベーションなど、豊富な選択肢の中からライフスタイルに適したサービスを選ぶことが可能です。

リノベーションと不動産のプロである担当者が、物件探しから、資金計画、設計・施工、引渡し、アフターサービスまでを一貫してサポートするワンストップリノベーションも提供。

挑戦的なプロジェクトも多く、11年連続でグッドデザイン賞を受賞しています。

ReoLabo

ReoLabo
出典:ReoLabo

会社名株式会社 住環境ジャパン
所在地東京都世田谷区用賀2-29-24
電話番号03-6860-7612
営業時間10:00~18:00
公式サイトhttps://reolabo.jp

『ReoLabo』は、“W定額”で理想のワンストップリノベーションを叶えるリノベーション会社です。

リノベーション工事金額と仲介手数料が“ダブル”で定額になっており、リノベーション工事金額を専有面積による定額で一本化しているのが特徴です。

どの商品を選んでも定額なので、予算が明瞭で「思っていた以上に高くついてしまった」という心配がありません。

自分にぴったりのワンストップリノベーション会社を選ぼう

自分にぴったりのワンストップリノベーション会社を選ぼう

ワンストップリノベーションとは、物件探しや設計・工事の打ち合わせ、住宅ローンの準備など、一連の業務をまとめてひとつの会社に依頼できるのが特徴です。

窓口がひとつで手間が少なく、リノベーション費用のバランスを取りやすい、希望の物件を探しやすい、一体型ローンを利用しやすいといったメリットがありますが、途中で別の会社に変更しにくかったり、業者によっては割高になることも。

ワンストップリノベーション会社を選ぶ際は、各企業の事例や商品を比較しつつ、担当者の雰囲気や対応もしっかりチェックしたうえで依頼先を決定しましょう。

リノベーション会社おすすめ10選|大手企業から専門会社まで比較