コンプレッサー式除湿機おすすめ10選!デシカントやハイブリットとの違いは?

【初めての方へ】コンプレッサー式除湿機おすすめ10選!デシカントやハイブリットとの違いは?

Warning: Undefined property: stdClass::$ItemsResult in /home/c4466980/public_html/biotonique.jp/wp-content/themes/swell_child/awsv4.php on line 76

Warning: Attempt to read property "Items" on null in /home/c4466980/public_html/biotonique.jp/wp-content/themes/swell_child/awsv4.php on line 76

Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/c4466980/public_html/biotonique.jp/wp-content/themes/swell_child/awsv4.php on line 76

Warning: Attempt to read property "ASIN" on null in /home/c4466980/public_html/biotonique.jp/wp-content/themes/swell_child/awsv4.php on line 77

除湿機選びを成功させるためには「コンプレッサー式」や「デシカント式」などのタイプの特徴を理解する必要があります。この記事ではコンプレッサー式除湿機の特徴やデシカント式・ハイブリッド式との違い、おすすめモデルと後悔しないための選び方をご紹介します。

目次

コンプレッサー式除湿機とは?メリット&デメリットを確認

コンプレッサー式除湿機とは?メリット&デメリットを確認

コンプレッサー式除湿機とは、吸い込んだ空気を急速に冷却し、湿度を水滴に変えて取り除く除湿機です。エアコンの除湿機能と同じ仕組みで、名前のコンプレッサーは「空気圧縮機」を意味しています。

コンプレッサー式除湿機のメリットとデメリットは以下の通りです。

【メリット】

  • 室温の高い時期に除湿力が強い
  • 電気代が安い

【デメリット】

  • 冬は除湿能力を発揮しにくい
  • コンプレッサーの稼働音が大きい

コンプレッサー式除湿機は「梅雨や夏など空気のむっとした時期に除湿したい」「できるだけランニングコストを抑えて室内の湿度を整えたい」といった方に向いています。

「デシカント」や「ハイブリッド」との違いは?

一般的な除湿機のタイプには、コンプレッサー式のほかに「デシカント式」と「ハイブリッド式」もあります。

それぞれ特徴もメリット&デメリットも異なるため、自分の用途・シーンに合わせて選ぶことが大切です。3タイプの違いは以下の通りです。

【除湿機のタイプ別の違い(メリット&デメリット)】

概要メリットデメリット
コンプレッサー式湿った空気を冷却して除湿。エアコンと同じ仕組み・ヒーターを使わず、消費電力が低い

・ムシムシとした夏に大活躍

・空気の冷たい冬は除湿能力が下がる

・運転音は大きめ

デシカント式ヒーターと乾燥剤を使って除湿・冬にも除湿力を発揮できる

・コンパクトなモデルが多い

・夏にも動くが、室温を上げてしまうため不向き

・消費電力は高め

ハイブリッド式コンプレッサー式とデシカント式の両方を搭載・季節に応じて最適な方式で稼働できる

・除湿力も消費電力ももっとも効率の良い形で動く

・本体サイズが大きめ

・本体価格も少し高め

目安として、主に梅雨や夏に使うのならコンプレッサー式、冬に活躍させたいのならデシカント式が良いでしょう

「本体価格が多少高くとも、1年中役立つ除湿機が良い」という場合はハイブリッド式除湿機が候補に挙がります。

あわせて読みたい
ハイブリッド式除湿機おすすめ4選!特徴とメリット&デメリットも確認しよう 「ハイブリッド式除湿機に興味があるけれど、どのモデルが良いのかわからない」そんな悩みを抱えている方に向けて、ハイブリッド式除湿機のおすすめモデルと後悔しない...

電気代の安い除湿機が欲しいならコンプレッサー式が◎!

前述の通り、コンプレッサー式は消費電力が低く、電気代も安いのが特徴です。

たとえば、人気ブランド『シャープ』のコンプレッサー式除湿機“CV-N71-W”は、1時間あたり約5.1円程度の電気代しかかかりません。
(※190Wモード稼働時、電力料金目安単価27円/kWhで計算)

1日10時間、毎日使ったとしても、1ヶ月の電気代は「5.1(円)×10(時間)×30(日)=1,530(円)」と1,500円ほどで済みます。想像以上に安く湿気の悩みを解消できますよ。

ここからは、初めての方におすすめの扱いやすいコンプレッサー式除湿機をご紹介します。自分の部屋にぴったりなものはどれか、ぜひ吟味してみてください。

一人暮らしに◎!小型コンプレッサー式除湿機おすすめ6選

一人暮らしに◎!小型コンプレッサー式除湿機おすすめ6選

まずは、一人暮らしの方におすすめな小型コンプレッサー式除湿機です。コンパクトで置き場所を選びにくく、それでいて十分な除湿力のある一品を厳選しています。

【アイリスオーヤマ】除湿機 JC-J56

最初にご紹介するのは、コストパフォーマンスの良い家電でお馴染みの『アイリスオーヤマ』の除湿機“JC-J56”です。小さな冷蔵庫のような可愛らしい見た目の一品は、取っ手付きで簡単に移動させやすいのが魅力です。

最大除湿能力も5.6L/日あり、1日に2Lのペットボトル約3本弱の除湿を行ってくれます。

駆動音が約39dBと図書館レベルの静けさで、同じ室内に置いていても気になりにくいのも嬉しいですね。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【アイリスオーヤマ】衣類乾燥除湿器 IJC-H65

同じく『アイリスオーヤマ』の“IJC-H65”は、衣類乾燥機能も搭載されたコンプレッサー式除湿機です。オートルーバーにより風向きを自在にコントロールでき、除湿とともに部屋干し衣類の乾燥もこなしてくれます。

幅が約30cmとコンパクトなため、脱衣所やトイレのような湿気がこもりがちな狭い場所でも活躍します。

ホース接続による「連続排水(タンクに水を溜めず直接排水できる機能)」にも対応しているなど、小さなボディにこだわりの詰め込まれた一品です。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【山善】衣類乾燥除湿機 YDC-C601

『山善』の“衣類乾燥除湿機 YDC-C601”は、自分や家族が快適に過ごせる湿度を見つけられるコンプレッサー式モデルです。

40~70%の間で希望湿度を設定でき(5%刻み)、除湿機利用時の失敗にありがちな「過度な乾燥」を防げます。

設定はデジタル画面とボタンから直感的に行えるため、電化製品の操作が好きでない方にもぴったりです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【シャープ】衣類乾燥機 除湿機 CV-N71-W

Amazonの除湿機ジャンルでベストセラー1位に輝いているのが、『シャープ』の“CV-N71-W”です。約7.1L/日と高い定格除湿能力を誇り、小さな見た目からは想像が付かないほど空気をカラッとさせてくれます。

『シャープ』の人気技術であるプラズマクラスターも搭載されているため、洗濯物の生乾き臭を抑えられるのも嬉しいポイントです。

下向きに風を放出して、脱衣所のマットなどをピンポイントに乾燥させることもできます。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【ベルソス】除湿機 VS-502

『ベルソス』の“VS-502”は、費用対効果に優れたシンプルなコンプレッサー式除湿機です。7L/日の定格除湿能力、40・60・80%の3段階による湿度設定機能、ホースによる連続排水など一通りの機能が揃っています。

一方で価格は抑えられており、「できるだけ手軽にコンプレッサー式除湿機を試してみたい」という方にぴったりです。

楽天市場
Yahoo!ショッピング

【Stadler Form】除湿機 Theo

「見た目にもこだわって、おしゃれなコンプレッサー式除湿機を選びたい」そんな方には、『Stadler Form』の“除湿機 Theo”がおすすめです。

スイスで誕生したスタイリッシュな見た目の除湿機で、過度な装飾感のないデザインは部屋の内装を問わずによく馴染みます。もちろん、約5.5L/日と除湿力も◎です。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

パワフルに除湿!中型以上のコンプレッサー式除湿機おすすめ4選

パワフルに除湿!中型以上のコンプレッサー式除湿機おすすめ4選

続いて、パワフルに湿気を取り除いてくれる中型以上のコンプレッサー式除湿機をご紹介します。

【コロナ】衣類乾燥除湿機 CD-H10A

『コロナ』の“CD-H10A”は、安心の日本生産のコンプレッサー式除湿機です。1日あたり10Lと高い除湿能力を持ち、木造で11畳、鉄筋で23畳と広いスペースをまとめて除湿してくれます。

上部のパネルとボタンで簡単に操作ができるほか、万が一の故障時の対応が充実しているのも魅力です。24時間365日、専用ダイヤルで修理受付を行っています。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【アイリスオーヤマ】除湿機 IJCP-J160

『アイリスオーヤマ』の“IJCP-J160”は、空気清浄機能も付いた一台で二役をこなせるコンプレッサー式除湿機です。

最大16L/日とパワフルに除湿を行いつつ、高性能フィルターで空気中のゴミをキャッチしてくれます。

花粉やたばこ、PM2.5など、気になる有害物質の対策をまとめて進められますよ。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【タンスのゲン】除湿機79700000

最大30畳(鉄筋時)と広範囲を除湿してくれるのが『タンスのゲン』のコンプレッサー式除湿機です。大きすぎないサイズ感でありながらパワーは強く、最大除湿能力も12L/日を誇ります。

ボディにキャスターと取っ手が付いており、置き場所を変えやすいのもメリットです。就寝時には寝室、日中はリビングなど、複数の場所の湿度を一台でコントロールできます。

Amazon

【三菱電機】衣類乾燥除湿機 サラリPro MJ-P180RX-W

『三菱電機』の“サラリPro MJ-P180RX-W”は、コンプレッサー式除湿機ながら冬にも活躍する一品です。独自技術の「冬モード」を搭載しており、室温が1度以上あればパワフルに除湿してくれます。

連続排水や静音モード、自動で本体内部を清掃してくれるクリーン機能なども対応済みです。1年中、手間のかからない形で快適な室内に整えてくれるでしょう。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

コンプレッサー式除湿機選びで後悔しないためのポイント

コンプレッサー式除湿機選びで後悔しないためのポイント

最後に、コンプレッサー式除湿機選びで後悔しないためのポイントをおさらいしておきましょう。

置き場所とサイズ感を確認する

忘れずにチェックしておきたいのが、置き場所と除湿機のサイズ感です。

前述の通り、コンプレッサー式除湿機は一人暮らしでも扱いやすい小さなものから、家族向けの大きなモデルまでさまざまです。

あらかじめ置き場所を決めてメジャーで測り、邪魔にならないサイズであるか確認しておきましょう。あわせて対応畳数も調べておくと除湿能力を十全に発揮できます。

「定格除湿能力」もチェックする

コンプレッサー式除湿機は、定格除湿能力や最大除湿能力などの表現で「どの程度の除湿能力を持つモデルなのか」が公表されています

単純に除湿能力の数値が大きいモデルほど、パワフルに湿気を取り除いてくれると考えて大丈夫です。

見た目やサイズ感との兼ね合いもありますが、複数の類似モデルで迷ったときは、除湿能力の高い方を選択すると後悔しにくくなります。

排水タンクが大きいと使い勝手が良い

コンプレッサー式除湿機の実用性を大きく左右するのが、排水タンクのサイズです。

コンプレッサー式除湿機は水滴となりタンクに溜まった水を捨てる必要があります。無理のない範囲でタンクの大きなモデルを選ぶと、排水作業の回数を減らすことが可能です。

なお、前述の通り、ホースを使ってタンクを経由せずに直接排水できる「連続排水機能」に対応したモデルもあります。

放置気味に除湿機を稼働させたい方は、このような機種を選ぶのもおすすめです。

「冬モード」や「衣類乾燥」など+αの機能も大切

コンプレッサー式除湿機の中には、冬モードや衣類乾燥、静音やエコモードなど独自の機能を搭載しているものもあります

「コンプレッサー式だけれど、冬にも稼働してほしい」
「赤ちゃんがいるので、できるだけ静かに除湿してほしい」
「室内干しの衣類を素早く乾燥させたい」

上記のように、自分や家族の目的に合わせて+αの機能を吟味することで、購入後の満足度も高くなります。

最後は見た目の気に入ったものを選ぼう

除湿能力や+αのモードなど、機能面の検討後には見た目も確認しておきましょう

コンプレッサー式除湿機は、室内に長時間置いて稼働させる家電です。視界に入る機会も多いため、見た目の気に入った一品を選べると愛着が湧きやすくなりますよ。

特徴を理解してコンプレッサー式除湿機を活躍させよう

特徴を理解してコンプレッサー式除湿機を活躍させよう

この記事ではコンプレッサー式除湿機について、特徴やデシカント・ハイブリッドとの違い、おすすめモデル、後悔しない選び方をご紹介しました。

コンプレッサー式除湿機は梅雨や夏などの気温の高い時期に活躍します。ヒーターを使わないため電気代も安く、ランニングコストを抑えて部屋を快適にしたい方におすすめです。

ご紹介した内容を参考に、ぜひ自分にぴったりのコンプレッサー式除湿機を見つけてくださいね。

あわせて読みたい
【除湿機能付き】空気清浄機おすすめモデル5選!機能や効果・気になる電気代は? 最近の空気清浄機には除湿機能付きモデルもあり、室内の湿気やカビ対策に役立ちます。しかし、「実際にどのくらいの効果があるの?」「電気代は?」と、まだまだ疑問の...




ピックアップ記事

あわせて読みたい
【2024年】おしゃれサーキュレーターおすすめ9選!人気のデザインや機能は? 「暑い空気が室内の上の方に溜まっていて、モワッとしている…」「足元だけが異様に寒い…」そんな悩みを解決してくれるのがサーキュレーターです。気流を生み出してくれ...
あわせて読みたい
【2024年】ポータブルクーラーおすすめ10選!工事不要で持ち運び可能なアイテム f夏になる度にエアコンを取り付けようか悩んでいる人はいませんか?「冬はこたつがあるから使わないけど、夏だけエアコンを使いたい」という人や「冷房専用のエアコンも...
あわせて読みたい
【保存版】観葉植物の正しい水やり方法が知りたい!タイミングや水の量・頻度は? 水やりは、観葉植物を育てるうえで欠かせません。多くの人がどのタイミングで水やりをして良いのかわからずに、悩んだことがあるのではないでしょうか。この記事では、...
あわせて読みたい
観葉植物育成ライトおすすめ10選!日当たりの悪い室内でも元気に育てる方法をチェック 日当たりが悪い室内でも観葉植物を育てたい方には、植物を育成するためのライトがあると便利です。植物の成長を助けるライトがあれば、日当たりが悪い室内でも気にせず...
あわせて読みたい
空気清浄機のレンタルサービスおすすめ11選!失敗しない選び方ポイントも【個人・法人】 「空気清浄機を探しているけれど、想像していたよりも高い…」そんなときにぴったりなのが、“空気清浄機レンタルサービス”です。レンタルなら、憧れの最新空気清浄機も手...

  • URLをコピーしました!
目次