アラジンのグラファイトグリラー全モデル!煙や臭いのカットだけじゃない魅力&口コミ評価

グラファイトグリラー

『アラジン』の“グラファイトグリラー”が、家庭用グリラーのなかで人気を集めているのを知っていますか?おしゃれな見た目が目を引き、高い性能で食材を美味しく焼き上げてくれるキッチン家電です。今回はその魅力に迫りながら、現在発売されているシリーズの特徴などもご紹介します。

目次

『アラジン』の“グラファイトグリラー”はどんな家電?

2017年に『アラジン』から発売された“グラファイトグリラー”は、家庭用の卓上グリラーです。

食卓を囲みながら、焼肉をしたりお好み焼きを焼いたりできる卓上グリラーは人気が高く、さまざまなメーカーから発売されています。

そのなかで、『アラジン』の“グラファイトグリラー”は、煙や臭いを大幅にカットすることに成功しました。

その秘密は“遠赤グラファイト”という特許技術が採用された、上部のヒーターから焼き上げるという新しいグリル方法にあります。

より自宅で使いやすいグリラーとして、新しいカテゴリーを確固たるものとしたのです。

“グラファイトグリラー”は2019年には新モデルにリニューアルされ、より使いやすいよう機能面も向上している、今大注目の家電となっています。

『アラジン』の“グラファイトグリラー”の魅力

それでは、『アラジン』の“グラファイトグリラー”の魅力をより詳しくご紹介します。

特許取得の“遠赤グラファイト”が搭載されている

“グラファイトグリラー”に搭載されている“遠赤グラファイト”は、特許技術を取得している唯一無二の機能です。

“遠赤グラファイト”とは、グラファイト結晶化した高分子フィルムを使用した素材で、これは航空や宇宙開発に欠かせない素材となっています。

鉄の約10倍の熱伝導率があるため、暖房機の熱源としても使用されています。

それほど速暖性のあるヒーターが使われているので、他のホットプレートは一線を画した焼き上げが可能なのです。

たったの0.2秒で発熱

“遠赤グラファイト”が採用されているおかげで、“グラファイトグリラー”はたったの0.2秒で発熱ができます。

そのため予熱の必要がなく、すぐに食材を焼き始めることが可能です。

プレートが温まるのを待つ、無駄な待ち時間のストレスから解放されそうですね。

高温輻射で美味しさを閉じ込める

上部からの高温輻射が可能なので、食材を炭火で焼いたような焼き加減にすることができます。

遠赤輻射熱はフライパンで焼くような熱伝導率とは異なり、食材表面に余計な熱を与えずにふっくらと焼き上げます。

そのため、食材美味しさをギュッと閉じ込められ、旨味を逃さず食べられるでしょう。

煙や臭いが出ないから自宅で使いやすい

“グラファイトグリラー”の最大の魅力とも言えるのが、煙や臭いがほとんど出ないというところです。

これまでのホットプレートは、下からの熱で食材を焼くため、脂がプレートに落ちたり溜まったりすることで煙や臭いの原因となっていました。

しかし、“グラファイトグリラー”は上部からの熱のみで焼き上げ、出た脂をプレート下の水トレイに落とすことができ、煙や臭いの大幅カットに成功したのです。

さらに、余分な油もしっかり落とせるので、カロリーカットも期待できますよ。

上部から注ぐ柔らかいオレンジの明かりも美しく、自宅で使いやすいグリラーでしょう。

“焼き”だけじゃない!幅広い使い方ができる

もちろん“焼き”に特化した家電ですが、“焼き揚げ”や“炙り”なども可能です。

焼肉だけでなく、肉をじっくりローストしたり、干物をあぶったり、スイーツなどにも対応できます。

料理の幅が広がるので、“グラファイトグリラー”を使えばより楽しい食卓になるはずですよ。

部品が取り外し可能で掃除が簡単

サイズが大きいこともあり、一見お手入れしにくそうに見えるのですが、“グラファイトグリラー”は各パーツが取り外し可能なので、洗浄が簡単です。

調理後のお手入れのしやすさは使いやすさに直結するので、お手入れが簡単なのは嬉しいですね。

長く愛用できるよう、衛生面も安心して使える構造になっています。

あわせて読みたい
プリンセス・テーブルグリルピュアでお家ごはんが楽しくなる!ラインナップや口コミをご紹介 「プリンセス テーブルグリルピュア」は白いセラミックのプレートを使用しているため、おしゃれな見た目に注目が集まっています。しかし、料理を美味しく焼き上げる機能...

『アラジン』の“グラファイトグリラー”は2種類|口コミや評価が知りたい!

『アラジン』の“グラファイトグリラー”は、現在2種類のモデルが発売されています。

基本的な性能は同じですが、細かな点が異なるので、その違いを見比べながら、口コミや評価もチェックしてみましょう。

【アラジン】グラファイトグリラー百貨店モデル CAG-G13B(G)

百貨店向けに発売されているのが、“グラファイトグリラー百貨店モデル CAG-G13B(G)”です。

『アラジン』を代表するアラジングリーンのカラーが特徴的で、昔から愛用しているという方も多いでしょう。

百貨店向けということで、より見栄え良く使えるように考えられた、付属品の豊富さが魅力です。

卓上に置きっぱなしでも様になるよう、『アラジン』のランプマークが入ったふろしきタイプの本体カバーがついているので、使用が終わったら被せるだけでもOKです。

しっかり収納したい方には、『アラジン』のランプマークが入った収納バックがついているのも嬉しいですね。

調理中の快適さを追求した付属品として、マジックプレート、ヘルシーネット、オリジナルトングも魅力的です。

マジックプレートは液体を使った調理も同時にできるよう、専用の液体スペースがついたプレートです。

そこでたれを温めたり、チーズを溶かしたりと、幅広い楽しみ方ができるでしょう。

肉の脂が気になる方は、ヘルシーネットで余分な脂を落しながら焼くこともできます。

そして、『アラジン』のランプマークが入ったトングは、先のとがり具合や薄さが絶妙で、重なった肉や野菜が取りやすくなっています。焼き肉のときに重宝するはずですよ。

価格は少し高くなりますが、「せっかく買うなら一式全部揃えたい!」という方は“グラファイトグリラー百貨店モデル CAG-G13B(G)”を選ぶのがおすすめです。

焼肉だけでなく魚を焼く時も頻繁に使用しています。油も落ちヘルシーでいろんな面で満足しています。

・引用元:Amazon / まろんたさん

焼き上がりも早く、お肉がめちゃくちゃ美味しく焼けました。子供達がまだ小さいのでマジックプレートで少しずつ焼きながら食べました(^^)もう少し大きくなったり、人数が増えたらヘルシーネットでたくさん焼いてもいいかもです。

・引用元:Amazon / 米倉依里子さん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【アラジン】グラファイトグリラー量販店モデル AEG-G13A(W)

量販店向けに発売されているのが、“グラファイトグリラー量販店モデル AEG-G13A(W)”です。

付属品をなくし、『アラジン』のランプマークを天面のみだけにつけるなどして、より価格を抑えたたモデルになっています。

より求めやすくなっているので、お試しで使ってみたいという方にもおすすめでしょう。

他の大きな違いとしては、カラーが新色のホワイトになっていることと、付属しているプレートがグリルプレートということです。

ホワイトは落ち着いた品のあるカラーで、キッチンに溶け込みやすいのが魅力です。

グリルプレートはホーロー加工がされていて、蓄熱性が高くグラファイトヒーターの能力をより引き出します。

さらに、軽量化にも成功しているので、持ち運びがしやすいのも嬉しいですね。

マジックプレートのように液体には対応できませんが、グリルプレートでも十分楽しむことができるでしょう。

その他の機能面に関しては“グラファイトグリラー百貨店モデル CAG-G13B(G)”とまったく一緒なので、価格を抑えて購入したいという方や、付属品はいらないという方には、“グラファイトグリラー量販店モデル AEG-G13A(W)”をおすすめします。

購入まで、かなり検討しました。煙り、臭いが無く何でもアツアツで食べれて最高です。焼き上がりまで少し時間がかかります。

・引用元: / Amazon カスタマーさん

まず、煙が全然出ません。これには感動しました。ベランダで使用しましたが、全然気になりません。

臭いも目の前で焼いている時は少し感じますが、少し席から離れるとわかりません。

肉の焼き上がりはそんなに遅く感じませんでした。分厚い野菜は時間かかりますが、ゆっくり楽しみながら食べる分には問題なし。

ただ、やはり熱いです。夏場だと、部屋から網戸越しに扇風機をつけると良い感じかと思います。

あと少しに気になっているのは、食べた後の鉄網の汚れが中々落ちず、少し焦げた後が残ってしまいました。

今後の使用に影響がある程のものではないですが、まだ1回しか使用していないので今後も気をつけて使用していきます。

・引用元:Amazon/しろくまさん

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

百貨店モデル CAG-G13B(G)と量販店モデル AEG-G13A(W)の比較表

“百貨店モデル CAG-G13B(G)”と“量販店モデル AEG-G13A(W)”の違いは、カラーやランプマークの位置などの外見と付属品、価格だけです。

機能面は一緒なので、使用目的によって付属品の有無を選び、予算に見合ったモデルの方を購入しましょう。

ちなみに付属品は別途購入することも可能なので、必要なら後から購入するという方法もおすすめです。

型番百貨店モデル CAG-G13B(G)量販店モデル AEG-G13A(W)
カラーアラジングリーンホワイト
サイズW550×D310×H314mmW550×D310×H314mm
重量約5.2kg(トレイ・マジックプレート・電源コード含む)約4.3kg(トレイ・新プレート・電源コード含む)
コード長約2.3m約2.3m
電源消費電力1300W1300W
ヒーターグラファイトヒーターグラファイトヒーター
付属品ヘルシーネット、トング、本体カバー、収納バッグなし

新商品の“アラジン グラファイトマジックグリラー”が発売!

グラファイトマジックグリラー

2020年7月に、“グラファイトグリラー”の新モデル、“グラファイトマジックグリラー”が発売されました。

特許技術である遠赤グラファイトの搭載や、煙や臭いを抑えられるという機能面はそのままに、上部からの照射をなくし平面で焼くことに特化した家庭用グリラーです。

熱は側面から照射し、食材から出る脂はプレートの下の受け皿に落ちる構造にすることで、これまで通り煙や臭い、脂をカットしながら焼くことができます。

グラファイトヒーターを採用しているので、0.2秒で発熱、最高約1300度の温度上昇なども可能です。

これまでのモデルと大きく異なるのが、コンパクトな見た目、そして収納のしやすさでしょう。

プレートや蓋もまとめて立てて収納することができ、置く場所の幅が広がりました。

卓上でも上部のヒーターが無くなった分、すっきりと使えます。「“グラファイトグリラー”では大きすぎる」と諦めていた方には、大変嬉しいですよね。

もちろん各パーツの取り外しが可能で丸洗いができ、お手入れのしやすさは変わらずなのが嬉しいポイントです。

『アラジン』の“グラファイトグリラー”でワンランクアップの料理を食べよう

『アラジン』の“グラファイトグリラー”は、これまでの下から食材を焼くというホットプレートの概念を覆し、上部から焼くという家庭用グリラーです。

煙や臭い、さらには食材から出る脂までカットできるので、家で焼き肉などもより気軽にできるようになります。

他の料理にも幅広く使え、よりおうち時間を楽しめる家電でしょう。

目的に合わせて選びやすいよう、百貨店モデルと量販店モデルがあるので、どちらが良いか比較してみてください。

よりコンパクトなものを探している方は、新商品の“グラファイトマジックグリラー”もおすすめです。

グラファイトシリーズで、ワンランク上の料理を楽しんでみてください。

あわせて読みたい
アラジンの遠赤グラファイトヒーター全製品の特徴とスペック比較!気になる電気代もチェック スイッチを入れたらすぐに暖かくなり、インテリア性も高い暖房器具を探しているのなら、『アラジン』のグラファイトヒーターがおすすめです。この記事では、おしゃれな...




ピックアップ記事

あわせて読みたい
【2024年】おしゃれサーキュレーターおすすめ9選!人気のデザインや機能は? 「暑い空気が室内の上の方に溜まっていて、モワッとしている…」「足元だけが異様に寒い…」そんな悩みを解決してくれるのがサーキュレーターです。気流を生み出してくれ...
あわせて読みたい
【2024年】ポータブルクーラーおすすめ10選!工事不要で持ち運び可能なアイテム f夏になる度にエアコンを取り付けようか悩んでいる人はいませんか?「冬はこたつがあるから使わないけど、夏だけエアコンを使いたい」という人や「冷房専用のエアコンも...
あわせて読みたい
【保存版】観葉植物の正しい水やり方法が知りたい!タイミングや水の量・頻度は? 水やりは、観葉植物を育てるうえで欠かせません。多くの人がどのタイミングで水やりをして良いのかわからずに、悩んだことがあるのではないでしょうか。この記事では、...
あわせて読みたい
観葉植物育成ライトおすすめ10選!日当たりの悪い室内でも元気に育てる方法をチェック 日当たりが悪い室内でも観葉植物を育てたい方には、植物を育成するためのライトがあると便利です。植物の成長を助けるライトがあれば、日当たりが悪い室内でも気にせず...
あわせて読みたい
空気清浄機のレンタルサービスおすすめ11選!失敗しない選び方ポイントも【個人・法人】 「空気清浄機を探しているけれど、想像していたよりも高い…」そんなときにぴったりなのが、“空気清浄機レンタルサービス”です。レンタルなら、憧れの最新空気清浄機も手...

  • URLをコピーしました!
目次