カルーナ(花)の育て方!初心者でも失敗しないコツや植え替え・剪定方法

カルーナ(花)の育て方!初心者でも失敗しないコツや植え替え・剪定方法

カルーナは、小さな花をいくつも付ける姿が可愛らしく人気のある植物です。育てやすい植物ですが夏の暑さに弱いので、上手に育てるためにはポイントをおさえておく必要があります。この記事では、カルーナの基本情報から上手な夏超しの仕方について解説します。

カルーナとは

カルーナとは

カルーナは、ツツジ科の常緑低木です。

カルーナ属にはカルーナ・ブルガリス種のみですが、変種の多い植物として知られており、花が咲くタイプや咲かないタイプ、葉が紅葉するタイプなどがあります。花の色や開花の時期が異なるものなどさまざまな種類があります。

カルーナの特徴と基本情報

カルーナの開花時期は、夏に咲くタイプは6月〜9月に、冬に咲くタイプは12月〜3月に咲くものが多いです。夏に咲くタイプは寄植えによく使われ、冬に咲くタイプはグランドカバーとして人気があります。

カルーナは比較的育てやすく、寒さにはとても強いですが、夏には弱く、特に高温多湿を嫌います。風通しを良くしてあげると成長しやすいです。

花の色は、白やピンク、紫が多く、冬には葉が紅葉する種類もあります。小粒な花をたくさんつけるので、花が咲くと存在感があります。

カルーナの種類

カルーナにはさまざまなタイプがありますが、ここでは有名な4つの品種をご紹介します。

どれも定番品種なので手に入りやすく、自宅に飾ると、その可愛らしい見た目で華やいだ雰囲気を添えてくれるでしょう。

ガーデンガールズ

ガーデンガールズは、冬に咲くタイプのカルーナで、寂しい雰囲気になりやすい秋冬の寄植えやガーデニングにおすすめです。

見た目は、葉の色が濃く、針葉樹のような雰囲気があります。花の色は、白や紫、ピンクが多いです。花が開ききらない品種なので、花色があせにくく、長く楽しめます。

秋冬のガーデニングの定番品種です。

アルバプレナ

アルバプレナは、八重咲きの品種です。

花の一つひとつが、とても小さく丸くなっており、満開になるとボリュームが出ます。

他のカルーナに比べると、あまり開花期間が長くありませんが、可憐な見た目から大変人気があります

ビューティーレディ

ビューティーレディーは、他のカルーナに比べると背が高い品種です。

花の色は、白や紫系の他、薄い黄色のものもあります。米粒ほどの大きさのしずく型の花をたくさんつけます。

背が高めで、花が咲くとボリュームが出るので、庭に植えると程よく目立ち、存在感があります

ゴールドヘイズ

ゴールドヘイズは、花としてよりは庭木として楽しむタイプのカルーナです。

見た目は、ふさふさとしたボリュームのある葉をつけ、葉の色はあまり濃くなく、明るい黄緑色です。

葉は、冬になるとくすむので、春夏に、葉の色や花を楽しむことのできる品種です。

カルーナの花言葉

カルーナの花言葉は、「自立」「旅立ち」「連理の枝」「誠実」です。

また、赤い花には「熱情」、白い花には「熱情の行為を防止」と、花の色によって正反対の意味の花言葉がつけられています。

カルーナの花言葉のひとつ「連理の枝」は、情愛が深く仲の良い夫婦の例えで、カルーナの、枝を細かく絡ませて成長する姿からつけられたといわれています。

カルーナの育て方のポイント

カルーナの育て方のポイント

カルーナは育てやすい植物ですが、暑さや蒸れに弱いという弱点もあります。カルーナが元気に育つよう、ポイントを押さえて手入れをしましょう。

育てる環境

カルーナは寒冷地で育てるのに向いている植物で、-20℃の環境でも耐えられるといわれています。

その反面、夏の暑さと多湿には弱いので、育てる環境は、日当たりがよく風通しの良い場所を選びましょう。

水やりの仕方

カルーナは乾燥を嫌うので、水やりは土の表面が乾ききる前にするようにしましょう。いつも少し湿っている程度の土のほうが適しています

ただし、鉢植えの場合、鉢皿に水が溜まったままだと、根腐れを起こすので、水を溜めないようにします。

寒冷地で根付いた後は、乾燥する季節以外は水やりをあまり必要とせず、雨に当たるくらいで十分です。

土の選び方

カルーナは、水はけが良く、酸性の土を好みます。おすすめは、市販されているブルーベリー用の培養土です。

ブルーベリー用の培養土は酸性用土になっているので、カルーナ好みの土が簡単に作れます。もしくは、植え付ける場所に酸度未調整のピートモスを混ぜておくのもいいでしょう。

肥料をあまり必要とせず、与えすぎると根を痛めてしまいます。

肥料を与える場合は、緩効性化成肥料をひとつまみ株元に置く程度で十分です。

地植えの場合

地植えする場所を決める際に、一番考慮する必要があるのは、風通しが良いかどうかです。

風通しが良く、水はけも良い場所を選びましょう。水はけが心配な場合は、土にピートモスを混ぜたり、傾斜をつけたりして、水はけが良くなるように工夫が必要です。

カルーナは、ボリュームが出やすい植物なので、同じ場所に複数の植物を植える場合は、50〜60cmほどの間隔を空けて植えるようにします。

複数の植物と密集して、風通しが悪くならないように注意しましょう。

鉢植えの場合

鉢植えの場合は、根詰まりが起こりやすいので、できるだけ毎年、植え替えをするほうが良いでしょう。

植え替えをする際は、根詰まりを起こりにくくするため、苗よりも一回り大きな鉢を用意してください。

ピートモス

楽天市場
Yahoo!ショッピング

カルーナの気をつけたい病気と害虫

カルーナの気をつけたい病気と害虫

カルーナは、コガネムシの幼虫が根を食べてしまうことがあります

他にも、アブラムシやハダニが大量に発生することもあるので、その場合は薬剤の使用の検討が必要です。

また、多湿環境によって、灰色かび病が発生する可能性もあります。風通しを良くし、高温多湿を避けましょう。

カルーナの夏越しの方法と注意点

カルーナの夏越しの方法と注意点

カルーナは、冬の寒さには強いですが、夏の暑さにはあまり強くありません。上手に夏越しさせるには、涼しい環境で育てることが大切です。

また、地植えの場合、直射日光に当たりすぎると良くないので、遮光するようにしましょう。

鉢植えの場合は、半日は日のあたる場所に置き、もう半日は軒下などに移動させてください。こうすることで乾燥を防ぐと同時に、夏の夕立など突然の雨でも鉢植えを雨から防ぐことができます。

カルーナの剪定の時期と方法

カルーナの剪定の時期と方法

風通しを良くするため、カルーナは剪定が必要です。梅雨に入る前の5月〜6月頃と、花の咲き終わった秋頃、花の咲かない品種は3月〜4月頃に行います。

剪定方法は、半分ほどの高さになるように全体を刈り込みます。

枝が多くなり、中が蒸れると枯れてしまうこともあるので、剪定は必ず行いましょう。

カルーナの植え付け・植え替えの方法

カルーナの植え付け・植え替えの方法

ここでは、カルーナの植え付けの方法と植替えの方法をご紹介します。

丁寧に行えば根を傷つけることなくできるので、手順を確認しておきましょう。

植え付けの方法

植え付けに適している時期は、春と秋の気候が穏やかな時期です。

カルーナは小さなポットに入って販売されていることが多く、根詰まり気味です。そのため、植え付けの際にはポットから株を取り出し、根の周りの土を落とし、傷んだ根を取り除きます

水はけを良くするため、盛り土した場所にカルーナより一回り大きな穴を開け、植え付けます。

植え替えの方法

鉢植えにしたカルーナは、根が詰まっていないか確認をするためにも、年に一度植え替えを行いましょう。

植え替えに適している時期は、9月下旬〜10月上旬です

植え替える際は、一回り大きな鉢に植え替えます。

また、株が大きくなり枝が密集していたら、風通しをよくするため株分けをします。株分けの方法については、後で詳しく解説します。

カルーナの増やし方

カルーナの増やし方

カルーナの増やし方は、挿し木と株分けの2つの方法があります。どちらも難しくないので、行いやすい方でチャレンジし、カルーナを増やしていきましょう。

挿し木の仕方

5cmほどの長さになるよう枝を切り、1時間ほど水に浸けておきます。

その後、挿し木用の土に挿し木をして、半日陰で水切れしないようにしながら発根させ、切り口から根が生えてきたら、植え付けます。

株分けの仕方

株分けは、植え替えと同時に行います。株が成長し、植えていた鉢が小さくなったと感じたら、蒸れや根詰まりを防ぐためにも、株分けを行ったほうが良いでしょう。

株分けの方法は、根を軽くほぐし1/3程度の大きさに分けます。その後、鉢や地面に植え付けます。

あまり小さく分けると、生命力が弱く、成長しなくなる可能性があるので、最初に買ったときのサイズ程度にすると良いでしょう。

カルーナを寄植えするときのポイント

カルーナを寄植えするときのポイント

カルーナは寄植えにも人気があります。

夏に花を咲かせるタイプであれば、色違いのカルーナを複数植えるだけでも、とても綺麗にまとまります

カルーナ以外の植物と寄植えをする場合は、カルーナを真ん中にして高さを出し、両端にかけてパンジーやシクラメン、葉牡丹など背の低い植物を植えて高低差を出すようにすると、おしゃれな寄植えになります。

寄植えをした後は、苗と土が密着しやすいように株元に水をまきます。最後に、葉や花についた土を落とすため、少し高い位置からシャワーのように優しく水をかけてください。

育てやすいカルーナで素敵なお庭に!

育てやすいカルーナで素敵なお庭に!

カルーナを上手に育てるポイントは、水やりのペースを掴むことです。

水のあげ過ぎもよくありませんが、水切れを起こすと突然枯れる可能性もあるので、土の表面が乾ききる前に、水やりをしましょう。

春から冬にかけて、さまざまな変化を見せてくれるカルーナで、素敵なお庭にしましょう。

楽天市場
Yahoo!ショッピング