多肉植物の育て方(観葉植物)!初心者でも失敗しない基本ポイントを解説


Warning: Undefined property: stdClass::$ItemsResult in /home/c4466980/public_html/biotonique.jp/wp-content/themes/swell_child/awsv4.php on line 76

Warning: Attempt to read property "Items" on null in /home/c4466980/public_html/biotonique.jp/wp-content/themes/swell_child/awsv4.php on line 76

Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/c4466980/public_html/biotonique.jp/wp-content/themes/swell_child/awsv4.php on line 76

Warning: Attempt to read property "ASIN" on null in /home/c4466980/public_html/biotonique.jp/wp-content/themes/swell_child/awsv4.php on line 77

品種が豊富な多肉植物は育て方を調べるのが難しく、初心者には敬遠されがちです。しかし実は、本当に初心者が知っておかなければいけないポイントはそれほど多くありません。この記事では、最低限初心者が知っておきたい多肉植物の育て方について、わかりやすくご紹介します。

目次

多肉植物ってどんな植物?

多肉植物ってどんな植物?
「見た目のユニークな観葉植物を探していたら、多肉植物と書いてあった」「多肉植物で調べてみたけれど、育て方がよくわからない……」そんな方も多いのではないでしょうか?

プニプニした葉っぱが愛らしい多肉植物は、鑑賞効果の高い品種が豊富なことで知られています。一方で、品種が豊富すぎて特徴や求められる育て方もマチマチで、初心者が手を出しにくいことでも有名です。

今回は初心者が多肉植物を育てるために、最低限必要な知識をご紹介します。まずは、多肉植物がどんな植物なのか簡単に見ていきましょう。

「春秋型」「夏型」「冬型」の3種類が存在する

多肉植物は、水を蓄える機能を持つプニプニした葉っぱが特徴の観葉植物です。英語では「succulent plants」と呼ばれますが、このsucculentが「水気の多い」「ジューシーな」を意味します。

20,000種類を超えるといわれるほどに品種が豊富で、育て方も把握しづらいのですが、実は生育時期によって大きく3つのグループに分類できます。具体的なグループは以下の通りです。

  • 春秋型:春や秋によく育つ多肉植物。日当たりを好む品種が多い
  • 夏型:夏によく育つ多肉植物。日当たりを好むが、夏の直射日光には注意
  • 冬型:冬によく育つ多肉植物。見た目も育て方も多様で、各品種に合わせた調節が必要

どのグループも初心者でも十分に育てられますが、特に簡単なのは春秋型です。クセの少ない品種が多く、安心して育てられます。

今からどの多肉植物にしようかと選ぶのであれば、春秋型から探してみましょう。

育て方の近い多肉植物なら「寄せ植え」もできる

グループ分けに加えてもうひとつ、初心者が覚えておきたい多肉植物の特徴が「寄せ植え」についてです。多肉植物は育て方の近い品種同士を一か所にまとめて育てる、寄せ植えに対応しています。

特に春秋型や夏型の場合、同じグループの品種同士であれば育て方も似ているケースが多く、まとめて育てられます。

バラのような「エケベリア」の横に小さな「セダム」を植えて花畑のようにするなど、自分好みのアレンジができますから、育てていてより一層楽しくなりますよ。

今、何かひとつ育ててみたい多肉植物があるという方も、せっかくですのでもう一種類ほど品種を探してみてはいかがでしょうか?

多肉植物の育て方!基本のポイントはこれだけ!

多肉植物の育て方!基本のポイントはこれだけ!
それでは、多肉植物の育て方を見ていきましょう。正式な育て方は品種によって差がありますが、今回は基本となるポイントをご紹介します。

実際に品種を決めて育て始めたあとは、その品種に寄り添った形に少しずつ調節してあげてくださいね。

まずは室内・屋外どちらで育てるのかを決める

最初に、室内と屋外のどちらに設置して育てるのかを決めましょう。

多肉植物に限らず、観葉植物はあまりコロコロと置き場所を変えるのは望ましくありません。移動させるたびに植物がびっくりしてしまいますし、新しい環境に馴染むのに時間がかかる品種も存在します。

「この場所に置いて育てる!」という場所をあらかじめ作ってあげることが大切です。

ただし屋外で育てている場合、寒い季節に関しては室内へ入れてあげた方が安心です。多肉植物は寒さに強い品種も多いのですが、それでも気温が下がると負担はかかります。

「ずっと室内で育てる」か、あるいは「屋外で育てつつ冬は室内に入れてあげる」か、どちらかを選んであげてくださいね。

必要な準備を整え植えつける

置き場所を決めたなら、準備を整えて実際に植え付けます。メインとして必要なものは以下の通りです。

  • 多肉植物:自分の選んだ品種の苗
  • 植木鉢:水やり用の穴が底に開いた器。しっかりと根を張れるように深さがあるものがおすすめ
  • 土:ホームセンターや園芸ショップで市販されている「多肉植物用の土」でOK。できるだけ乾いたものを
  • 鉢底ネット:鉢の底に敷くことで、土や虫が出ていくのを防ぐ。同じくホームセンター等で市販されている

そのほか、植え付けの際に使う以下の道具も用意しましょう。

  • スコップ:土を移動させるため
  • 手袋:手が汚れないように
  • ハサミ:不要な根を切るのに使用。わからなければ、最初の植え付け時は使用しなくてもOK
  • マドラー:細めのもの。鉢のなかへしっかりと土を敷き詰めるのに使用

植え付け手順は簡単で、苗を現在の土から優しく取り出し、新しい苗(土を8割ほど入れたもの)に植えて、残りの2割の土を入れて根が露出しないようにしっかりと植えてあげるのみです。

観葉植物はデリケートですから、無理やり力を入れて引っ張ったりせず、優しく扱うように意識してくださいね。

水やりは「成長期」と「休眠期」に気を配る

多肉植物の水やりは、3つのグループによってそれぞれ加減が異なります。大切なのは「成長期」と「休眠期」を意識することです。

観葉植物は成長期には水をたくさん必要としますが、休眠期にはほとんど必要としません。

そのため、たとえば春秋型なら春と秋には土が乾いた段階でしっかりと水をやり、夏や冬には控えめにする、と季節に応じた調節が求められます。

夏は水を与えすぎないように注意

注意しておきたいのが夏の水やりです。多肉植物は基本的に湿気を嫌い、乾燥を好みます

夏場は水やりを行うと水分がすぐに蒸発し、植物が蒸れてしまいやすい時期です。

品種にもよりますが、春秋型や冬型は断水に近いほど水を与える量を減らし、夏型は夕方などの涼しくなった時間帯に水を与えるようにするなど工夫してあげましょう。

なるべく日光に当ててあげる

最後に、多肉植物を元気に育てるコツとして、しっかりと日光に当ててあげることを覚えておきましょう。ほとんどの多肉植物は日光を好み、たっぷりと浴びせることでより頑丈に成長していきます。

夏場の強すぎる直射日光はレースのカーテンや遮光ネットで遮ってあげる必要がありますが、それでも遮光した日光は存分に浴びせてあげてくださいね。

あわせて読みたい
スコップの種類とおすすめ10選!シャベル・移植ゴテとの違いやメンテナンス方法も 観葉植物の植え替えや肥料やりなどの作業で、重宝するのがスコップです。スコップに似たシャベルや移植ゴテがありますが、それぞれの違いを知っていますか?今回は、ス...

あわせて読みたい
観葉植物におすすめの剪定ばさみ15選!使い方やお手入れ方法もご紹介 剪定ばさみは、観葉植物の葉や茎を簡単に切ることができる便利なアイテムです。女性向けや初心者向けからプロ向けまでさまざまな種類があり、迷う人も多いでしょう。そ...

初心者におすすめの多肉植物5選!

初心者におすすめの多肉植物5選!
最後に、初心者におすすめな多肉植物を5種類ご紹介します。

いずれも育てやすい品種ですから、見た目の気に入ったものがあればぜひ挑戦してみてください。

セダム


日本にも自生している身近な多肉植物がセダムです。もしかすると、知らず知らずのうちに見たことがあるかもしれませんね。

セダムだけで500種類以上といわれるほど品種が豊富で、小さくかわいらしいものも多いことから、寄せ植えでメインとなる多肉植物を引き立てるのによく活用されています。

春秋型で、とても育てやすいのが特徴です。すでに育ててみたい多肉植物がある方は、名脇役としてセダムを添えてみてはいかがでしょうか?

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

クラッスラ


セダムに負けず劣らず品種が豊富なのがクラッスラです。色も形も大きさも、「これもクラッスラなの?」と驚くほどに多様で、特にサイズは3cmほどのものから1mを越えるものまであります。

有名な品種には「茜の塔」や「王妃神刀」、「オルビキュラリス」など名前がかっこいいものも多く、自分好みのクラッスラを探してみるのも楽しいですよ。

クラッスラは品種によって夏型と冬型どちらも存在しますので、その点だけ事前に調べておきましょう。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

セネキオ


「グリーンネックレス」の名前で親しまれているセネキオも、初心者におすすめの多肉植物です。宝石とたとえられるほどに美しい、プックリした葉っぱが数珠つなぎに並ぶ特徴的な姿を楽しめます。

垂れ下がるように下に向けて成長しますので、ほかの多肉植物と干渉しにくく、寄せ植えにもぴったりです。ほかの春秋型の多肉植物と一緒に育ててみましょう。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

エケベリア

エケベリア
エケベリアは、ロゼット状に生えるバラのような葉っぱが美しい多肉植物です。多肉植物特有のプニプニ感もあわさり、風船などを使ってバラをデフォルメしたかのような、愛らしい姿をしています。

繊細そうな見た目の割に育てやすく、初めて多肉植物に挑戦してみたい方にもぴったりです。青みがかったものや赤みがかったものなどカラーも豊富ですので、好きな色のエケベリアを探してみてはいかがでしょうか。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

あわせて読みたい
通販で購入できるエケべリアおすすめ15選!種類が豊富なおしゃれ観葉植物 エケベリアは、品種が多いことでも知られています。どれにするか迷ってしまいますが、通販なら自宅でゆっくり選ぶことができますね。あまり店舗では見かけないような、...

サボテン


多肉植物のなかで、恐らくもっとも有名なのがサボテンです。イメージ通りとにかく頑丈で、多少育て方を間違えても問題なく育ちます。

こちらも品種が豊富で、なんと世界に5,000種類以上も存在するといわれています。なかにはトゲがない「それってサボテンなの?」と言いたくなるようなものまであり、選んでいて楽しいですよ。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

あわせて読みたい
通販で購入できるおすすめサボテン12選!好みの種類やサイズを探してみよう トゲトゲした姿や丸みのあるフォルムが愛らしいサボテンは、通販でも気軽に購入することができます。通販ショップによって品ぞろえが異なり、さまざまなサボテンに出会...

多肉植物で“自分だけの観葉植物”を楽しもう

多肉植物で“自分だけの観葉植物”を楽しもう
多肉植物は見た目のユニークな品種も多く、観葉植物を楽しいインテリアとして育てたい方にぴったりです。

なかなか見かける機会の少ないレアな品種も多く存在しますから、“自分だけの観葉植物”を育ててみたい方にも向いています。

基本的なポイントを押さえておけば、育てるのもそれほど難しくありません。この記事を参考に、ぜひ挑戦してみてくださいね。

あわせて読みたい
多肉植物が枯れるのはなぜ?元気に復活させるコツと今すぐできる対策を紹介 ユニークな姿を持つ多肉植物は、種類も豊富で自宅で育てる植物として人気です。乾燥に強く育てやすい多肉植物ですが、「枯れてしまった」という話も珍しくありません。...

あわせて読みたい
多肉植物はどう飾るのがおしゃれ?|育て方やおすすめの飾り方をチェック ぷっくりとしたフォルムがかわいらしい多肉植物は、おしゃれなインテリアアイテムとして人気があります。比較的育てやすい植物なので、初心者の方にもおすすめです。こ...




ピックアップ記事

あわせて読みたい
【2024年】おしゃれサーキュレーターおすすめ9選!人気のデザインや機能は? 「暑い空気が室内の上の方に溜まっていて、モワッとしている…」「足元だけが異様に寒い…」そんな悩みを解決してくれるのがサーキュレーターです。気流を生み出してくれ...
あわせて読みたい
【2024年】ポータブルクーラーおすすめ10選!工事不要で持ち運び可能なアイテム f夏になる度にエアコンを取り付けようか悩んでいる人はいませんか?「冬はこたつがあるから使わないけど、夏だけエアコンを使いたい」という人や「冷房専用のエアコンも...
あわせて読みたい
【保存版】観葉植物の正しい水やり方法が知りたい!タイミングや水の量・頻度は? 水やりは、観葉植物を育てるうえで欠かせません。多くの人がどのタイミングで水やりをして良いのかわからずに、悩んだことがあるのではないでしょうか。この記事では、...
あわせて読みたい
観葉植物育成ライトおすすめ10選!日当たりの悪い室内でも元気に育てる方法をチェック 日当たりが悪い室内でも観葉植物を育てたい方には、植物を育成するためのライトがあると便利です。植物の成長を助けるライトがあれば、日当たりが悪い室内でも気にせず...
あわせて読みたい
空気清浄機のレンタルサービスおすすめ11選!失敗しない選び方ポイントも【個人・法人】 「空気清浄機を探しているけれど、想像していたよりも高い…」そんなときにぴったりなのが、“空気清浄機レンタルサービス”です。レンタルなら、憧れの最新空気清浄機も手...

  • URLをコピーしました!
目次