パーライトおすすめ6選【種類別】!その役割や使い方を一挙解説

パーライト

Warning: Undefined property: stdClass::$ItemsResult in /home/c4466980/public_html/biotonique.jp/wp-content/themes/swell_child/awsv4.php on line 76

Warning: Attempt to read property "Items" on null in /home/c4466980/public_html/biotonique.jp/wp-content/themes/swell_child/awsv4.php on line 76

Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/c4466980/public_html/biotonique.jp/wp-content/themes/swell_child/awsv4.php on line 76

Warning: Attempt to read property "ASIN" on null in /home/c4466980/public_html/biotonique.jp/wp-content/themes/swell_child/awsv4.php on line 77

ガーデニングをするにあたって重要となる、排水性、保湿性、保水性、通気性は重要なポイントになります。今回紹介するパーライトは単用土の中でもこれらを改善する代表的な土壌改良資材のひとつです。パーライトとはどんな役割があり、効果的な使い方について初心者にもわかりやすく解説します。

目次

パーライトとはどんなもの?

パーライト

パーライトとは、ガラスの性質をもつ火山岩を高温処理して粒状にした人工発泡体です。岩の内部に含まれている水分が蒸発して気体になり、水分が含まれていた部分が空洞になり多孔質の構造になります。

植物を育てるために必要な土壌改良剤で、土の改善を促すため、土壌の通気性を良くする土として使用されています。

パーライトの種類は?

パーライト

ガーデニングで使われるポピュラーなパーライトには、黒曜岩と真珠岩の2種類あります。

同じパーライトという名で呼ばれている2種類ですが、性質は真逆です。

黒曜岩パーライトの特性、効果

黒曜岩パーライトは通気性、排水性を向上させる働きを持ち、土の軽量化、保温、断熱効果があります。

土の中の湿度を下げ、土を快適な状態へ改善することにより、水はけの良さを好む植物にとって良い環境を作り上げます。

黒曜岩パーライトは、水はけの悪い土壌の改善にうってつけの改良用土でしょう。

また、黒曜石パーライトは水道水をミネラル水に変える性質があるため、根腐れ防止の効果もあるといわれていますよ。

【黒曜岩パーライトを利用するのに適した条件】

  • 水はけが悪い・排水がうまくいかない
  • 根っこの成長が悪い
  • 水はけの良さを好む植物の根腐れ防止
  • 土に起こる高温多湿の状況改善
  • ハンギングなど吊るすための土を軽量化

真珠岩パーライトの特性、効果

真珠岩パーライトは保水性、保肥力の効果が高く、黒曜岩同様、土の軽量化、保温、断熱効果があります。

元々含んでいる水分量が多い真珠岩パーライトは、製造過程でスポンジのような多孔質構造が作られるため、外側から内側まで繋がった穴が多く、より多くの水分を含むので保水性がとても高いとされています。

土の水持ちと通気性を良くしたい時に使うと良いでしょう。

【真珠岩パーライトを利用するのに適した条件】

  • 土の表面がすぐ乾き、水はけが良すぎる
  • 通気性を確保し、根の成長を促進する目当て
  • ハンギングなど吊るすための土を軽量化

それぞれ育てる環境、植物によって土壌改良効果が異なるため、使い方に注意が必要だということを覚えておきましょう。

また、あまり見かけないパーライトの種類に松脂岩(しょうしがん)でできたものもあります。松脂岩の水分量は5%以上で、真珠岩よりも水分が多いという違いがありますが、基本土用として発売されていることはあまりないでしょう。

パーライトを使ってみよう

パーライト

人気のドライガーデン、サボテン、多肉植物を育てる際に絶対条件とされているのがパーライトです。赤玉土だけでは保水性が強すぎるため根腐れを起こす危険があり、パーライトのみで育てる場合は肥料が行き届きません。

基本的に赤玉土1、パーライト1の割合で混ぜ合わせて使いましょう。

あわせて読みたい
赤玉土おすすめ8選【サイズ別】!初心者向けの種類や特徴・役割までご紹介 「観葉植物を育てようとしたら、赤玉土が良いと書いてあった」「赤玉土の中でも種類があって、結局どれが良いのかわからない…」という方に向けて、赤玉土の使い方や入手...

土が軽いという特徴があるので、ハンギングや植木鉢ホルダーを使ったガーデニングにとてもおすすめの土です。

あわせて読みたい
ハンギングバスケットおすすめ9選!天井吊るしや壁掛けでおしゃれな花飾りを 街中でよく見かけるハンギングバスケットは、外壁や、門、室内どんな場所でも華やかにしてくれるガーデニングアイテムです。今回はおしゃれなハンギングバスケットと、...

投稿が見つかりません。

種類別パーライトおすすめ6選!

パーライト

ここからは黒曜岩パーライト、真珠岩パーライトそれぞれのおすすめ商品をご紹介します。用途に合った種類、サイズを選んでみてくださいね。

黒曜石パーライト3選

通気性、排水性を向上させるのに適した、おすすめ黒曜岩パーライト3選を紹介します。

【こぼんさい】ホワイトローム4F黒曜石パーライト

『ホワイトローム4F黒曜石パーライト』は、水分コントロールに優れた効果を発揮する、無機質、超軽量の土壌改良資材です。


楽天市場

【グリーンでGO!】パーライト (長野県産 黒曜石 14リットル入り

安心、安全な長野県産黒曜石パーライトは大粒で鉢底石代わりにもなるパーライトです。通気性の良い土壌に仕上げて根腐れを予防しましょう。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

【大野屋商店】ビーエスライトBL 66L(九州産:大粒タイプ)

こちらも大粒タイプの黒曜岩パーライトです。パーライトは高熱処理されているため、無菌です。

しばらく置いておいても雑菌が繁殖しないので安心ですね。お庭の土壌改良にぴったりの大容量サイズですよ。


楽天市場

真珠岩パーライト3選

保水性、保肥力の効果が期待できる、おすすめ真珠岩パーライト3選を紹介します。

【花の土屋さんカネア】100%国産・無農【真珠岩・パーライト】 1リットル

『花の土屋さんカネア』の真珠岩パーライトです。放射能測定済みなので安心して使用することができます。

粒のサイズは、荒いものから細いものまであり、硬い粒から柔らかい粒までご自身が使う用途によって使い分けをしてみてくださいね。


楽天市場

【あかぎ園芸】真珠岩パーライト 細粒 18L

細粒パーライトは、種まきや挿し芽に、そして水耕栽培を始めたい方にもおすすめの商品です。パーライトの特性を活かし、キッチンでも気軽に水耕栽培を始めてみましょう。


楽天市場
Yahoo!ショッピング

【シャルカ楽天市場店】GP パーライト5L

パッケージに土の配合表が記されているのが初心者ガーデナーにとても嬉しいですね。植物によって土の配合はざまざまですね。こちらの配合表をぜひ参考にしてみてください。


楽天市場

パーライト使用にあたっての注意点

パーライト

パーライトには“軽い”という特徴があります。そのため、度重なる水やりで表面にパーライトのみが浮き上がってくることや、パーライトの使用量が多すぎると植物が浮き上がってきてしまうこともあるのでパーライトのみで使用する事は難しいようです。

植え替えをする際などに、パーライトの量を調整したり、再度よく混ぜ合わせるなどして、定期的に土とパーライトのバランスを見て良い土の状態を保てるようにしましょう。

パーライトはさまざまなトラブルの改善に使われる土壌改良材で、使用する際は土に1~2割ほど混ぜて使用しましょう。

袋に残ったパーライトは品質を保つために封を開けたまま外で保存することはおすすめしません。

しっかりと封を閉じ、破けないよう袋を二重にしたり容器に入れたりして保管しましょう。

パーライトとバーミキュライトの違い

パーライトとバーミキュライト

パーライトとパーミキュライトは、土壌改良材であることと、多孔質で軽いという共通点があり、ほかにも似た点が多くあります。

しかし、パーライトは水はけがよく、バーミキュライトは保水性が良いという違いがあります。

パーライトはインテリアの鉢植えで、こまめに水やりをする植物の湿度を管理するのによく使われます。

バーミキュライトは種や苗を育てる場合や乾燥を好む植物の育成によく使われています。

それぞれの特性を活かし上手に使いながら植物を育ててみましょう。

あわせて読みたい
バーミキュライト(Vermiculite)おすすめ3選!特徴や使い方をご紹介【園芸用土】 「観葉植物を育てようとしたら、土にバーミキュライトを使うと書いてあったけれどよくわからない…」そんな方に向けて、ここではバーミキュライトの使い方や特徴を簡単に...

パーライトを正しく使って効果を発揮させよう

パーライト

パーライトは植物を育てる為に常備しておきたい土壌改良剤です。特徴を上手に活かして、効果を発揮させましょう。

ぜひ日頃のガーデニングにパーライトを活用してみてくださいね。

あわせて読みたい
園芸用の軽石の特徴や使い方|使用するときの注意点やおすすめ商品も 軽石というと垢こすりなどのイメージがあるかもしれませんが、実は観葉植物を育てる際に便利な園芸用のものもあります。軽石を効果的に使えば、植物にとってより良い環...

あわせて読みたい
ピートモスってどんな用土?特徴や使い方&おすすめアイテム3選 植物を育てるための土の改良に使用するピートモスですが、どんな特性があって、どんなときに使う土なのか知っていますか?ピートモスの特徴を知れば、植物の育成にもっ...




ピックアップ記事

あわせて読みたい
【2024年】おしゃれサーキュレーターおすすめ9選!人気のデザインや機能は? 「暑い空気が室内の上の方に溜まっていて、モワッとしている…」「足元だけが異様に寒い…」そんな悩みを解決してくれるのがサーキュレーターです。気流を生み出してくれ...
あわせて読みたい
【2024年】ポータブルクーラーおすすめ10選!工事不要で持ち運び可能なアイテム f夏になる度にエアコンを取り付けようか悩んでいる人はいませんか?「冬はこたつがあるから使わないけど、夏だけエアコンを使いたい」という人や「冷房専用のエアコンも...
あわせて読みたい
【保存版】観葉植物の正しい水やり方法が知りたい!タイミングや水の量・頻度は? 水やりは、観葉植物を育てるうえで欠かせません。多くの人がどのタイミングで水やりをして良いのかわからずに、悩んだことがあるのではないでしょうか。この記事では、...
あわせて読みたい
観葉植物育成ライトおすすめ10選!日当たりの悪い室内でも元気に育てる方法をチェック 日当たりが悪い室内でも観葉植物を育てたい方には、植物を育成するためのライトがあると便利です。植物の成長を助けるライトがあれば、日当たりが悪い室内でも気にせず...
あわせて読みたい
空気清浄機のレンタルサービスおすすめ11選!失敗しない選び方ポイントも【個人・法人】 「空気清浄機を探しているけれど、想像していたよりも高い…」そんなときにぴったりなのが、“空気清浄機レンタルサービス”です。レンタルなら、憧れの最新空気清浄機も手...

  • URLをコピーしました!
目次