アンスリウムを水耕栽培(ハイドロカルチャー)で育てる方法【観葉植物】

アンスリウムを水耕栽培(ハイドロカルチャー)で育てる方法【観葉植物】

水耕栽培(ハイドロカルチャー)でアンスリウムを育てる方法は、土で栽培するよりも手間がかからず簡単です。ハイドロボールを使った育て方は見た目もおしゃれで、部屋に観葉植物として置いておけば、雰囲気を明るくできます。今回は水耕栽培でアンスリウムを育てる方法を初心者でも分かりやすくご紹介します。

あわせて読みたい
アンスリウム(観葉植物)の育て方|初心者でも失敗しないポイントや植え替え方法を解説 アンスリウムは、赤い仏炎苞をつける可憐な姿が人気の観葉植物です。仏炎苞をつけ元気に育つ姿を楽しむためには、育て方のポイントがあります。この記事では、基本的な...
目次

アンスリウムとは

アンスリウム

アンスリウムは、熱帯アメリカを原産とする植物です。赤く珍しい、まるで扇のような葉の様子から和名を大紅団扇と言います。

そんなアンスリウムは、その美しい見た目に加えて、空気清浄の効果もあるといわれているため、観葉植物としても人気です。

お誕生日のプレゼントにも適した“もらって嬉しい植物”でもあります。

水耕栽培(ハイドロカルチャー)とは

水耕栽培(ハイドロカルチャー)とは

アンスリウムは、水耕栽培(ハイドロカルチャー)で育てるのに適した植物です。

ハイドロカルチャーとは、ハイドロボールという土を小さく丸めて固めた石状の素材を使って育てる栽培方法のことを言います。

水のみを使って育てる水栽培とは異なり、水耕栽培は肥料を水の中に溶かして育てる栽培方法です。

例えば、三つ葉やネギなどスーパーで根の部分に四角いスポンジがついた状態で売られている野菜が、水耕栽培で育ったものです。

あわせて読みたい
土を使わない観葉植物の育て方!ハイドロカルチャーのメリットや管理方法・相性の良い植物をチェック 観葉植物は土に植えて育てるのが一般的ですが、土を使わないで育てるハイドロカルチャーという方法を知っていますか?土を必要としないので、土の臭いや汚れなどに悩ま...

水耕栽培(ハイドロカルチャー)を使って育てる

ハイドロカルチャーで育てる場合は、土を使わずに容器にハイドロボールを敷き詰めて育てます。

土を使用しないので室内で育てても汚れることが少ないのが利点のひとつです。

1年~2年に1度、植え替えを行うこと、ハイドロボールを水洗いして乾燥させて利用することで、清潔な状態を保ちながら水耕栽培をするのがおすすめです。

あわせて読みたい
ハイドロボールの種類|メリット・デメリットや使い方・おすすめ商品5選 観葉植物は土に植えるのが一般的ですが、ハイドロボールというアイテムを使って育てることもできます。土とは違ったメリット・デメリットがあるので、目的に合わせて活...

水耕栽培(ハイドロカルチャー)でアンスリウムを育てるには

アンスリウムは本来、日光を好む植物です。

しかし水を使うハイドロカルチャーの場合は日差しが強い場所に1日中おいてしまうと苔や藻が発生してしまうため注意しましょう。

そのため、直射日光の入る場所は避けて育てることが重要です。

本来は水はけの良い土を好む植物

アンスリウムは熱帯原産の植物であるため、本来湿度が高めで水はけの良い土を好みます。

そのため、土で育てる場合は、水はけと水持ちに優れた粒状のパーライト、ピートモス、赤玉土を同じ割合で混ぜた用土を使って育てるようになります。

あわせて読みたい
パーライトおすすめ6選【種類別】!その役割や使い方を一挙解説 ガーデニングをするにあたって重要となる、排水性、保湿性、保水性、通気性は重要なポイントになります。今回紹介するパーライトは単用土の中でもこれらを改善する代表...

あわせて読みたい
ピートモスってどんな用土?特徴や使い方&おすすめアイテム3選 植物を育てるための土の改良に使用するピートモスですが、どんな特性があって、どんなときに使う土なのか知っていますか?ピートモスの特徴を知れば、植物の育成にもっ...

あわせて読みたい
赤玉土おすすめ8選【サイズ別】!初心者向けの種類や特徴・役割までご紹介 「観葉植物を育てようとしたら、赤玉土が良いと書いてあった」「赤玉土の中でも種類があって、結局どれが良いのかわからない…」という方に向けて、赤玉土の使い方や入手...

水耕栽培(ハイドロカルチャー)で育てる方法

容器に入れる前に、ハイドロボールを水洗いしておきます。事前に洗うことで、水を入れた時に容器の中が濁ってしまうのを防げるためです。

その後ハイドロボールを容器に1/4程度入れ、アンスリウムと容器の隙間にピンセットでハイドロカルチャーを敷き詰めます。

水をあげるときは、容器の1/4~1/5を目安に入れるようにしましょう。これ以上入れてしまうと、酸素不足によって根腐れしてしまう可能性がありますので注意してください。

葉焼けや苔が生えるのを防ぐために、室内の明るいところで育てます。ただし、直射日光は避けてください。

鉢植えから水耕栽培にするときは

鉢植えからハイドロカルチャーにする際は、植え替えのタイミングで根をしっかり洗ってからハイドロボールに移し替えます。

ハイドロカルチャーにしたばかりの時は、水のやりすぎに注意しながら育ててください。

水が容器からなくなって、2~3日置いた後にまた水を入れるようにしましょう。

水耕栽培(ハイドロカルチャー)できれいなアンスリウムに育ててみよう

水耕栽培(ハイドロカルチャー)できれいなアンスリウムに育ててみよう

ハイドロボールを使ったアンスリウムの栽培は、土を使用しないため、部屋が汚れてしまうことを防げます。

また透明な容器で育てれば、水の減り方が分かり、根腐れを防げ、簡単に育ってくれます。ハイドロカルチャーで美しいアンスリウムを育ててみましょう。

あわせて読みたい
可愛いらしい観葉植物でインテリアを楽しもう!通販やお店で購入できるおすすめは? 部屋に可愛い観葉植物を飾ると、一気におしゃれで癒しの空間に変わります。おうち時間が長くなりがちなご時世柄、お気に入りのグリーンで自宅で過ごす時間をもっと快適...

あわせて読みたい
観葉植物の肥料おすすめ10選!種類や使い方・必要性を徹底解説【液体・固形】 肥料は観葉植物の栄養源となる大切なアイテムです。もし自宅やオフィスの観葉植物が弱っていたり、枯れかけていたりする場合は、肥料不足が原因かもしれません。そこで...

あわせて読みたい
観葉植物の栄養剤おすすめ5選!効果や使い方・注意点・活力剤との違いも 可愛らしい姿や優しい緑色が癒しをくれる観葉植物ですが、元気がなくなってしまうこともあります。そのようなときに成長を支えてくれるのが栄養剤です。この記事では、...




ピックアップ記事

あわせて読みたい
【2024年】おしゃれサーキュレーターおすすめ9選!人気のデザインや機能は? 「暑い空気が室内の上の方に溜まっていて、モワッとしている…」「足元だけが異様に寒い…」そんな悩みを解決してくれるのがサーキュレーターです。気流を生み出してくれ...
あわせて読みたい
【2024年】ポータブルクーラーおすすめ10選!工事不要で持ち運び可能なアイテム f夏になる度にエアコンを取り付けようか悩んでいる人はいませんか?「冬はこたつがあるから使わないけど、夏だけエアコンを使いたい」という人や「冷房専用のエアコンも...
あわせて読みたい
【保存版】観葉植物の正しい水やり方法が知りたい!タイミングや水の量・頻度は? 水やりは、観葉植物を育てるうえで欠かせません。多くの人がどのタイミングで水やりをして良いのかわからずに、悩んだことがあるのではないでしょうか。この記事では、...
あわせて読みたい
観葉植物育成ライトおすすめ10選!日当たりの悪い室内でも元気に育てる方法をチェック 日当たりが悪い室内でも観葉植物を育てたい方には、植物を育成するためのライトがあると便利です。植物の成長を助けるライトがあれば、日当たりが悪い室内でも気にせず...
あわせて読みたい
空気清浄機のレンタルサービスおすすめ11選!失敗しない選び方ポイントも【個人・法人】 「空気清浄機を探しているけれど、想像していたよりも高い…」そんなときにぴったりなのが、“空気清浄機レンタルサービス”です。レンタルなら、憧れの最新空気清浄機も手...

  • URLをコピーしました!
目次