夏の花ガーデニングの楽しみ方!初心者にもおすすめの育てやすい種類20選

ガーデンにある花とテーブル

暑くて日差しも強い夏は、カラフルな花や涼しげなグリーンでガーデンを彩りませんか?夏に生長期を迎える鮮やかな夏の花は、眺めているだけでも元気が湧いてきますよね。こちらの記事では、夏の花選びやお手入れのポイント、そして初心者でも育てやすい夏の花20選をご紹介します。

夏の寄せ植えにおすすめの植物9選!作り方や管理ポイントも

鮮やかに花壇を彩る夏の花の特徴

色々な花

夏に生長期を迎える“夏の花”は、熱帯や亜熱帯地方原産の暑さに強いものや、北アメリカ原産の乾燥に強い花が多いのが特徴です。

鮮やかなカラーの花が多く、赤や黄色、オレンジ、ピンクなどの暖色カラーは暑い夏にぴったりです。一方、青や紫などの寒色カラーの花々は、ガーデンを涼しげな印象にしてくれるでしょう。

夏の花を選ぶときのポイント

花
たくさんある夏の花のなかから、どんな花を選んだら良いのか迷ってしまいますよね。ポイントは、その花の特徴や性質を事前にチェックしておくことです。

草丈や見た目に注目すると、朝顔やフウセンカズラのようにツルを伸ばす花、ひまわりのようにすっくと立ち上がって咲く花、こんもり広がる花、地面を這うように広がる花などがあります。

植える場所と希望の草丈や見た目にマッチした花を選ぶと良いでしょう。

また、その花が一年で終わってしまうのか、何年も花を楽しめるのかも必要なチェックポイントです。以下を参考に、購入前にきちんと確認して適切なお世話をするようにしましょう。

一年草

種をまいた年に発芽し花を咲かせ、種子をつけた後枯れてしまう種類が一年草と呼ばれています。

その年にしか楽しめませんが、種類が豊富なので「色々な花を試してみたい」という方や、「冬のお手入れに自信がない」という方にもおすすめです。

本来は多年草の性質を持っていても、日本の環境では一年草扱いとして販売されているものも多数あります。

宿根草・多年草

同じ株から何年も連続して花を咲かせるものをさらに分類し、冬になると地表部の葉や茎が枯れてしまうのが宿根草です。一方、冬でも葉や茎が枯れずに残るのが多年草です。

場合によっては区別されず、まとめて多年草とされる場合もあります。1年目よりも2年目3年目の方が花つきが良くなるものが多いので、丁寧に育てると毎年たくさんの花を楽しめるでしょう。

花木

花木は花を楽しむための樹木で、庭に植えると季節の移ろいを感じることができます。開花する時期はそれぞれですが、夏に花を咲かせる花木があると、庭が明るくなるでしょう。

夏の花のお手入れのポイント

植木の手入れしている人

夏の花を育てるときのポイントをチェックしておきましょう。もちろん品種によって細かい方法は異なりますが、主に開花時期の長い夏の花を育てるための、基本的なポイントをご紹介します。

水やり

日差しが強いと葉からの蒸発が多くなるので、毎日の水やりをしっかりとしましょう。高温と乾燥に注意しながら、朝の涼しいうちに株元の土に優しく水をかけます。夕方にも土の状態をチェックして、乾いているようなら水やりをしましょう。

花がら摘み

たくさんの花を長く楽しむためには、花がら摘みが必要です。咲き終わった花をそのままにしておくと種をつけるためにエネルギーを使うので、花数が減ったり株が弱ったりしてしまいます。

咲き終わった花の花首を手で摘み取るか、ハサミでカットしましょう。

切り戻し

梅雨頃から真夏前に株全体を切り戻しすると、暑い時期の蒸れ防止になり、害虫発生や株が弱るのを防ぐことができます。また、種類によっては真夏にエネルギーを蓄え、秋に返り咲きが楽しめるでしょう。

ただし、品種によっては切り戻しをしない方が良い花もあるので、事前に調べておくことが大切です。

また、多年草や宿根草は、シーズン後に切り戻しをして冬越しに備えます。住んでいる地域や花の品種を確認して適切なお手入れをしましょう。

肥料

開花中に追肥をすると花もちが良くなります。宿根草には、開花シーズンが終わる頃お礼肥を与えると良いでしょう。ただし、株が弱っているときは控えます。

品種によって必要な肥料や頻度は異なるので、それぞれ確認が必要です。

夏におすすめの一年草

ガーデニングセット
夏におすすめの一年草をご紹介します。初夏から秋までなど長く咲く品種が多いので、お好みの花を選んでみてください。

インパチェンス

初夏から長い間花が楽しめ、北向きや日陰など日当たりの悪い場所でも良く育つ花です。白や赤、ピンクのほか、バイカラーや斑入りなど花色の豊かさも魅力です。

生長が早く、ドーム状にこんもりと広がるので華やかで見栄えもします。夏に切り戻しをすれば秋には返り咲きが楽しめるでしょう。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

千日紅

真夏の暑さにも耐えられる丈夫な花で、花壇や鉢植えに使われる人気の花です。ピンクや赤などの丸い形の花が特徴で、切り花やドライフラーとしても楽しめます。

別名センニチソウと言われるほど開花時期が長く、水はけと日当たりが良い場所で管理するだけと手間がかからないので、初心者にもおすすめです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

マリーゴールド

草丈が20cm〜100cmの暑さに強い花です。根から害虫を寄せ付けない成分が出る品種もあり、花壇の寄せ植えなどに良く使われます。

山吹色やオレンジ、黄色など、鮮やかなビタミンカラーの花はガーデンを明るくしてくれるでしょう。品種によっては冬越しできる多年草もあります。

乾燥に強く、土質も選ばないため管理が簡単です。水はけと日当たりに注意すれば、5月〜11月頃まで次々と咲く花を楽しめます

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

エボルブルス

別名アメリカンブルーと呼ばれ、淡い青が特徴の花です。暑さに強く這うように広がるので、グランドカバーやハンギングにも利用できます。

花がら摘みをしっかりと行えば、10月頃まで次々とかわいらしい花を楽しめます。枝が混み合っていると花つきが悪くなるため、適宜切り戻しをすると良いでしょう。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ペチュニア

初夏に店頭で良く目にする定番の花です。品種が多く咲き方や色合いが豊富なのも魅力です。夏の日差しや乾燥に強く、初心者でも育てやすいでしょう。

上手な剪定や切り戻しをするとたくさんの花を咲かせます。挿し芽で小苗を作り室内で管理すれば、冬越しも可能です。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ペンタス

白や赤、ピンクなどの星形の花びらが特徴です。小さな花が傘状にいくつも咲くので華やかに庭を彩り、春から秋まで長い間楽しめます。

暑さには強いですが、蒸れには弱いため、風通しの良い場所で水の与えすぎに注意して育てましょう。本来は多年草で低木状に育ちますが、日本では一年草扱いとなっています。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ケイトウ

炎のように鮮やかな色の花が、鶏のトサカのように咲きます。赤やピンク、オレンジや黄色などの花色があるので、色違いを寄せ植えにするとカラフルで見栄えがするでしょう。

肥沃な場所では葉が大きくなりすぎるので、痩せ地でコンパクトに育てると花つきが良くなります。


楽天市場
Yahoo!ショッピング

ケイトウ(花)の育て方を徹底解説!適切な生育環境や手入れの仕方・増やし方まで

サルビア

5月〜11月頃まで長く咲く夏の花の定番です。品種が多く、色数も豊富で、一年草のもの以外に宿根性のものもあります。

夏の暑さに強く丈夫で育てやすいので、公園や街路樹などでもよく用いられます。花がら摘みをしっかりと行うことで、たくさんの花を長く楽しめるでしょう。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

サルビア

ジニア

別名百日草と言われるように、開花時期が長いのが特徴です。次々と新品種が出ているのでさまざまな花色や咲き方が選べます。

日当たりと風通しの良い場所で育てて、庭植えでも乾燥しないようたっぷりと水やりをしましょう。

泥の跳ね返りに弱いため、マルチングをして株元にそっと水を与えるようにします。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ジニア

ポーチュラカ

多肉質な葉や茎が水分を蓄えるので乾燥に強い花です。鮮やかなピンクや白、赤、黄色などの花が咲きますが、斑入りの葉を持つ品種もあり、花だけでなく葉も楽しめます。

這うように広がるので、グランドカバーやハンギングにしても良いでしょう。生長が早く旺盛で、伸びすぎたら好きな位置でカットできる丈夫な植物です。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ポーチュラカ

夏におすすめの宿根草・多年草

花
夏に花が咲く宿根草と多年草をご紹介します。適切な管理をすることでより長い間花を楽しめます。また、しっかりとした冬越し対策をすると何年も花を咲かせてくれるでしょう。

アガパンサス

暑さに強く植えっぱなしで何年も楽しめる花です。光沢と厚みのある葉の間からすっくと伸びた花茎は力強く、爽やかで清涼感のある花をたくさん咲かせます。

常緑性で多年の性質を持つものと、落葉する宿根タイプのものがあります。冬越しは室内に置くか、落ち葉やバークなどを厚く敷いて防寒しましょう。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

紫のアガパンサス

エキナセア

花の中心が栗のイガのように盛り上がり、その周りに花びらが広がる見た目が特徴的な花です。品種が豊富で花色や草丈が選べるのも魅力です。

開花時期が長く、2年目3年目になる程株が大きくなりたくさんの花を楽しむことができます。切花やドライフラワーにしても素敵な花です。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

チェリーセージ

さくらんぼのような葉と香りが名前の由来になっています。花色は赤や白、またピンクや白が混ざったものなどがあり、5月〜11月頃まで楽しめます。

地植えにしておくと自然に増え、切花やドライフラワー、押し花に活用できます。数年経つと大株になるので、他の植物との株間を広めに取ることがポイントです。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ペンステモン

釣鐘型や筒状の花が連なって咲く、まるで熱帯魚のような見た目が人気の花です。品種によって開花時期は異なりますが、初夏から秋まで咲く品種もあります。

ペンステモン・ハスカーレッドは暑さにも寒さにも強く、蒸れにも強い育てやすい品種です。ブロンズ色の葉も魅力的でカラーリーフとしてお庭に取り入れても良いでしょう。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

サクシセラ・フロステッドパールズ

パールという名の通り白い球状の花が咲く、耐寒性のある宿根草です。暑さにも強く真夏でも次から次へと開花します。

草丈は60cm〜80cmになり、横幅も広がるので花壇の後方や広い場所に植えると見栄えがするでしょう。控えめな花がナチュラルな印象なので、どんなガーデンにもマッチします。

ダリア

豪華で力強い印象のダリアは、実は品種が豊富で、可憐な小輪種やシンプルな一重咲きのものなどもあります。

初夏に開花したら切り戻しをしておくと、秋に返り咲きます。冬は球根が凍らないよう盛土をしておくか、球根を掘り出して、おがくずやピートモスの中に埋めておくと良いでしょう。

Amazon
楽天市場

ピートモス

夏におすすめの花木

ピンクの花
夏に花を咲かせる花木をご紹介します。管理が楽な花木や、夏らしいトロピカルな花をつける木がおすすめです。

アメリカノリノキ・アナベル

真っ白で大きな花房が特徴の紫陽花の仲間です。耐寒性耐陰性があり、開花時期が長いのが特徴です。生育旺盛ですが樹高は高くならず、特別な管理をしなくても毎年花を咲かせます。

前年の夏に花芽を作る他の紫陽花とは違い、その年の春に花芽が付き夏に開花するため、冬でも剪定できます。切花やドライフラワーにしてインテリアに飾っても素敵ですよ。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

白いアメリカノリノキ

ブーゲンビリア

常緑のツル性植物です。南国をイメージさせるような赤やピンク、オレンジなど鮮やかな花が咲き、夏の庭を彩ります。

1年に2度5月と10月に開花し、暖かい地域ならほぼ一年中花を楽しめます。水が多すぎると花が咲かないため、開花時期は水やりを控えて乾燥気味に育てると良いでしょう。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

ブーゲンビリア

ハイビスカス

鮮やかで大きな花が華やかなハイビスカスは、熱帯花木として人気があります。沖縄や暖かい地域では庭植えで育ちますが、基本的には鉢植えがおすすめです。

コンクリートなどの上に置くと高温で株が弱るので、風通しの良い場所で適度に日の当たる場所に置きます。冬は剪定後室内で管理するようにしましょう。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

プルメリア

香りのある花とかわいらしい見た目が魅力的な、熱帯花木の代表です。元々はある程度高木にならないと花が咲かない花木ですが、最近では小さなサイズでも花が咲く品種が多く出回っています。

寒さに弱いため、冬は室内で管理して水やりは控えましょう。暖かくなったら徐々に外に慣らしながら、5月頃からは屋外に置きたっぷりと日に当てます。

Amazon
楽天市場
Yahoo!ショッピング

夏の花をお庭に取り入れてガーデニングを楽しもう!

苗を持つ子供
夏の花は暑さに強く、開花時期が長いものが多いのが特徴です。鮮やかな花々をお庭に取り入れると、暑い夏も元気に乗り越えられるでしょう。

夏の花を選ぶときのポイントは、草丈や育ち方を確認しておき、それに合った場所を整えることです。また、一年草なのか多年草なのかをチェックして、適切な管理をするようにしましょう。

夏の花を上手に育てて、暑さに負けない夏のガーデニングを楽しんでみてください。

庭と長靴

ABOUT US
BIOTONIQUE編集部
biotonique 編集部です。観葉植物で多くの方の暮らしが豊かになれるような情報を提供していけたらと思います。